Nothing’s Carved In Stone のギタリスト生形真一氏のエピフォン初となるシグネチャーモデルがリリース :『Epiphone Shinichi Ubukata ES‐355 Outfit』

2020.01.27 - 製品記事

ギブソン・ブランズはこのたび、Nothing’s Carved In Stone のギタリスト生形真一氏のエピフォン初となるシグネチャーモデル『Epiphone Shinichi Ubukata ES‐355 Outfit』のリリースを発表いたします。生形真一氏の長きにわたるメイン・ギターであるGibson ES‐……

続きをみる

斉藤和義氏のシグネチャーモデル第6弾がリリース: Kazuyoshi Saito J-45 ADJ 2020 Edition

2020.01.24 - 特集記事

現代の国内ロックシーン、ポピュラー音楽シーンで唯一無二の実力と魅力を放ち続けるアーティスト、斉藤和義氏。精力的な制作活動、バンド、弾き語り双方のスタイルでのライヴツアー、映画やTV番組とのコラボレーションやプロデュース活動等、今や最も多忙を極めるトップアーティストです。ギブソンは2012年以来、斉藤和義氏デザイ……

続きをみる

ギブソン・カスタム・ショップの新リーダーとしてSergio Villanuevaが就任、Murphy Lab(マーフィー・ラボ)のマスター・アーティザンとしてTom Murphyが就任!

2019.12.10 - ニュース

NASHVILLE, TN - December 10, 2019  ギブソン・ブランズは、未来志向で邁進しながら自らのアイコン的な輝かしい歴史に改めて敬意を払い、ギブソン・カスタム・ショップを更なる高みへと導いてまいります。この度ギブソンは、カスタム・ショップのリーダーとして新たにSergio Villanuev……

続きをみる

ギブソン・ブランズ、チャック・ベリー1955 ES-350Tモデルを限定生産にてリリース –チャックの誕生日を祝し10月18日より世界向け発売を開始–

2019.10.18 - ニュース

ギブソンはチャック・ベリーの家族と手を組み、史実に基づいたシグニチャーモデルをリリースし"The Father of Rock N' Roll(ロックンロールの生みの親)"であるチャックの功績を称えます。 Chuck Berry and his 1955 ES-350T.Photo: Michael Oc……

続きをみる

ギブソンがアジア最大の楽器と音楽の見本市『MUISC CHINA』に出展決定、 アーティストを招き新製品を披露予定 (10/10-10/13@上海インターナショナル・エキスポ・センター)

2019.10.01 - ニュース

ギブソンは、先に米国で開催された楽器見本市『NAMM SHOW』での新製品発表を機に、アーティストやプレイヤーそしてファンの皆様に向け、復活した新生ギブソンを宣言してきましたが、この度アジア市場へ向け、改めてギブソンの新しいヴィジョンと新製品を紹介するため、新CEOのジェイムス“JC”カーレイの日本と中国への訪問が決定……

続きをみる

ギブソン・ブランズ、ナッシュヴィルでのサマーNAMMにて新製品をリリース、アーティストとのコラボレーションやミュージシャン・プログラムのローンチを発表

2019.07.31 - ニュース

NASHVILLE, TN - July 31, 2019 – ウィンターNAMMで盛大な再スタートを切った後、アーティスト、ギタープレイヤー、ギブソンファンは引き続き、アメリカンメイドのギターブランドであるギブソン社の巻き返しを目の当たりにすることでしょう。ギブソンはサマーNAMM2019において、エキサイティング……

続きをみる

小なるものの美しさ: Gibson Mini-Humbuckers

2019.07.20 - 製品記事

今回はGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年1月当時)をお届けします。 ギブソンのハムバッカーについて、その物理的なサイズ感は一般に広く知られているでしょう。PAF同様にヴィンテージスタイルのアルニコマグネットを擁するバーストバッカーからホットなサウンドでセラミックマグネットを擁するダーティ・フィンガー……

続きをみる