エクスプローラーとともに称賛される10人のギタリスト

2019.06.24 - 製品記事

今回はGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年2月当時)をお届けします。 にわかに信じがたいことですが、ギブソン社がエクスプローラーモデルを近未来的なラインナップとして導入以来、既に約60年もの月日が経過しています。更に驚くべきことは、エクスプローラーの過激なデザインは相変わらず、現代においても今なお際立……

続きをみる

2017 Gibson Les Paul Studio vs Les Paul Standard

2019.06.13 - 製品記事

今回はGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年2月当時)をお届けします。 ギブソンではよくあるケースですが、皆様が新しいレスポールを選ばれる際、単純に2機種のうちどちらかを選ぶような選び方とはならないでしょう。このレスポールも良さそうだし、もう一方のも良さそうだし、派手な見栄えの一本も良いだろうし、馬車馬……

続きをみる

The Gibson Explorer: 未来に受け継がれるエクスプローラーという遺産

2019.06.12 - 製品記事

今回はGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年2月当時)をお届けします。 ギブソン・エクスプローラーが最初にリリースされた1958年当時、エクスプローラーモデルのその後の輝かしい歴史を予言できた者はほとんどいなかったでしょう。兄弟的な位置づけのフライイングVとともに、エクスプローラーは当時のほとんどのプレ……

続きをみる

Gibson EB Bassを操る10人の偉大なベーシスト

2019.04.03 - 製品記事

今回はGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年2月当時)をお届けします。1950年代の後半に登場したギブソンEBベース。その暖か味のある独特なトーンと並外れた演奏性の高さで、長きにわたり人気を博しています。2017年モデルでのEBベースモデルはその伝統を受け継ぎつつ、パワー、パンチ、明瞭さを追及するあらゆる……

続きをみる

ウルトラ・モダン・ウェイト・リリーフ: 最高の演奏性と最善のトーンの実現

2019.03.07 - 製品記事

今回はボディのウェイトリリーフ(重量軽減処理)に関するGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年2月当時)をお届けします。ギブソンには既にその権利を主張できるほど多くのクラシックなデザインや画期的なイノヴェーションの歴史がありますが、その過去の栄光にただ喜んで頼り切っていこうということでは決してありません。数……

続きをみる

偉大なるギブソンギター:EDS-1275

2019.03.05 - 特集記事

  今回はEDS-1275に関するGibson.comによるアーカイヴ記事(2017年12月当時)をお届けします。昨今、”less is more” (より少ないものに集中すればそれをより多く生かせる)というミニマリストに見られるライフスタイルが多く聞かれますが、時には”more really is m……

続きをみる

ギタートーンの改善に向けたチェック項目10箇条

2019.02.28 - 製品記事

  よりよいギタートーンの実現に日夜腐心しているプレイヤー達へ耳寄りな情報です。手持ちのギターや関連機材を確実に最大限活用できるよう、お金をかけずにプレイヤー自らが日常的に行えるちょっとしたコツが多々あります。さあ、皆さまのお持ちのエレクトリックギターのパフォーマンスに違いをもたらす10カ条の注意点を一……

続きをみる

伝説のレスポール・プレイヤー: ポール・コゾフ

2019.02.18 - 特集記事

Gibson.comにて不定期連載を続けておりますLegends of the Les Paulは、単にレスポールをプレイしているということだけではなく、イメージ的にもサウンド的にも、彼らの愛器である特定のレスポールと切っても切り離せない関係にあるロックの神々にスポットライトを当てる企画です。そのような関係性の中で、彼……

続きをみる

Gibson P90 –PAFと双璧をなすギブソンサウンド–

2019.02.15 - 製品記事

“ギブソンピックアップで連想するのは何でしょう”と訊かれたとき、ほとんどのギタープレーヤーはハムバッカーを連想するでしょう。その反応には同意しますよ。ギブソン社のセス・ラヴァーが50年代中盤に開発したピックアップ(PAF)は、代表的なギブソンサウンドの根幹をなすトーンです。しかしながら、PAFの前に既に登場していたシン……

続きをみる

ギブソン・ブランズ、2019NAMMショーにて新製品ラインアップを発表 –ブース内ステージでは錚々たる顔ぶれのアーティストが登壇–

2019.02.01 - ニュース

(February 1, 2019 Nashville, TN) ロック、ポップ、ブルーズ、フォーク、ジャズその他あらゆるジャンルのアーティストがこぞって全幅の信頼を置くギブソンギター。時代の境目から新たなフェイズへと突入し、ギブソン・ブランズはアナハイムのNAMMショーにて次なる時代への口火を切りました。……

続きをみる