News & Events
Gibson Japan
| news
世界で5人目のレス・ポール・シグネチャ・アーティスト、日本人初のギブソン・シグネチャ・モデルとなったTak Matsumoto Les Paulが、B’z 30周年となる今年2018年に最新の仕様となり数量限定でリリース。
Gibson Japan
| news
現代の日本のポピュラー音楽・ロックシーンにおいて、斉藤和義氏は名実ともに日本を代表する、もっとも多忙を極めるシンガー・ソングライター/ ギタリスト/ プロデューサーのひとりでしょう。皆様、今まさにKazuyoshi Saito J-35がリリースされたところです。
Gibson Japan
| news
数々のヒット曲を持ち、プロデューサーとしての手腕、マルチプレイヤーの実力が高く評価されている、人気ミュージシャンの奥田民生氏。一度でもライブを観た方であれば、ギターを弾くだけで自身の世界を作れる、卓越したギタリストであるということに異論はないでしょう。特にスティーブ・ジョーダン、ピノ・パラディーノ、ダニー・コーチ
Gibson Japan
| news
ジミー・ペイジとレス・ポール、ラリー・カールトンとES-335、アンガス・ヤングとSGなど、ギタリストにとってギターとは、自らのアイデンティティと言っても過言ではありません。ワンフレーズ聴けば、その人だと認識できるオリジナリティを持つギタリストほど、その傾向が顕著で、それはプレイスタイル、サウンド、楽曲のいずれに
Gear & Tech
Gibson Japan
| news
ギブソン社がより幅広いカラーを試みるようになったのは60年代に入ってからです。50年代に自動車の市場規模とセールスが飛躍的に拡大した後、60年代初頭においても自動車産業は依然として活況を呈していました。当時のギブソンは自動車のカラーをギターに流用したのです。自動車のカラーを完璧に引き継いだのは、1963年に登場したFirebirdでした。ボディの輪郭は自動車デザイナーのRay Dietrichの手によりデザインされました。果たしてFirebird以上にニューカラーが最高に映えるモデルが他にあったでしょうか?(なかったでしょう!) ギブソンが最初のカスタム
Store Locator