Customer Service
Gibson RSS Feed
Gibson on YouTube
Gibson on Facebook
Gibson on Twitter
Follow Us
Follow Us
Serial Number Search

シリアルナンバー検索

ギブソン・シリアルナンバー 1975年---現在

 

こちらのページにつきまして、ギブソン社により生産・流通した楽器の年式の特定作業の一助となることを目的に、公表しております。以下の情報のほとんどについては、1975年から現在に至るまでのシリアル番号について書かれています。1975年以前のギブソン製品のシリアル情報や歴史的な製品仕様などの詳細につきましては、”Gruhn’s Guide to Vintage Guitars”などの書籍や下記のPDFデータをご参考にしていただきますようお願いいたします。

PURCHASE YOUR BLUE BOOK NOW

click here

もし、Adobe Acrobat readerをお持ちでない方は、 コチラにてダウンロードが可能です。

必要に応じて本ページの加筆・修正は行われる予定です。

ギブソンUSA, ギブソン・アコースティック, ギブソン・メンフィス


1975年から1977年までは、概してヘッドストックの裏側のデカール上にて、シリアル番号は打たれています。このシリアル番号は8桁の番号となっており、以下のように、上1桁と上2桁で年式が特定できるようになっています。

99 = 1975
00= 1976
06 = 1977

1977年にギブソン社は、今日も各工場(Gibson USA, Gibson Acoustic, Gibson Custom)で使用されているシリアル番号の表記法を導入しました。

そのシリアル番号表記は8桁となっており、"MADE IN USA"の刻印とともに、ヘッドストックの裏側に刻印されています。

番号表記の法則は、以下となります。

YDDDYRRR
YYは生産年です。
DDDは生産年の1月1日から数えて何日目かを表します。
RRRは工場別の表記・プラントごとのその日の何番目の生産かを表します。

カラマズー工場が閉鎖された1984年までについて、001-499の通し番号はカラマズー生産であることを意味していました。500-999の通し番号は、引き続き1989年までナッシュヴィル工場での生産を示していました。

1989年以降、全てのギブソン・アコースティック製品はボーズマン、モンタナにて製造されています。そして、全てのギブソン・エレクトリックギター製品は、ナッシュヴィルもしくはメンフィスで製造されています。工場別の表記番号・通し番号について、ボーズマンのアコースティック工場では日々001からの番号が割り当てられ、エレクトリックについては300番台から使用されていました。


例: 70108276の番号は、カラマズー工場にて1978年1月10日に生産され、その該当日に276本目にスタンプを押された楽器ということになります。

82765501の番号は、ナッシュヴィル工場にて1985年10月3日に製造され、その当日の1本目にスタンプを押された楽器となります。


ご注意- Gibson USA製品では、2005年の初頭時点で、9桁のシリアル番号に移行しています。上6桁目の番号は、バッチナンバーです。バッチナンバー0は、当該日の最初の段階で割り振られています。下3桁が699番まで番号が打たれると、バッチナンバーは0から1へと変更されます。上5桁の番号は変わりませんし、最後の下3桁も変りありません。唯一の違いは、上6桁目にこのバッチナンバーの表示が追加されることです。

但し、これらのルールには例外もあります。下記の2点は注目に値する内容です。

Les Paul Classic: このモデルは、"MADE IN USA"の刻印は無く、インクで刻印されたシリアル番号が打たれた仕様です。(1952年-1960年のオリジナルLes Paulで打たれていたシリアル番号と同様にしています)たいていは5桁から6桁の長さです。但し、最初期のモデルでは4桁のシリアル番号となっています。4桁から5桁のシリアル番号の場合、上1桁の直ぐ後にスペースが入ることが多いですが、6桁の場合はスペースが入りません。


4桁や5桁のシリアル番号の同モデルの場合、上1桁目は生産年を表しています。この表記法は1989年~1999年まで使われていました。2000年以来使用し続けている6桁の番号については、上1桁目と上2桁目は生産年を表しています。

例-
9 xxx = 1989 (1989年のみに使用された"9"で始まる4桁番号)
0 xxxx = 1990
9 xxxx = 1999
00xxxx = 2000
05xxxx = 2005

"94"で始まる番号について:
1994年、ギブソン100周年の年において、多くの製品はその年を表す"94"で始まるシリアル番号を持っています。"94"に続く6桁については、通し番号を表しています。


Gibson USA製品で、2014年から現在までの生産品について、それらのシリアル番号は、その年の1月1日から何日目の生産かについて日付が打たれていません。

新製品の最新イヤーモデルは、通常、その前年発表のモデル群が収束に向かう秋頃に製品リリースされます。新たなモデルイヤーモデル群が前年のモデルイヤーの時期から製造されることは珍しくありません。
(例 – 2014年の後半に、ある2015年モデルの製造を終えていることはあり得ます)

シリアル番号のパターンは下記です。:
YYRRRRRRR
YYはモデルイヤーを表します。
RRRRRRRは、そのモデルイヤーの製品のなかでの通し番号を表します。(0000001より始まります)


Gibson Custom

1952年型から1960年型のLes Paul, Explorer, Flying V, and Futura reissues (1992年の後半以降):
M YRRR or MYRRRR
Mは復刻されたモデルイヤーを表します。
Yは生産された年を表します。
RRR(R)は、そのギターがその年に何番目の生産かを表します。ご注意: この番号は、ある特定の復刻対象の年代に関係する全モデルを含みます。例えば、1958 Reissueのシリアル番号は、'58 Reissue LP Standardも'58 Explorerも両方のモデルの生産を意味し得ることになります。

例: 7 5123は、2005年に製造された1957 reissue modeで123番目を表します。

1961年型-1969年型 Firebird, Les Paul, and SG reissues (1997年以降):
YYRRRM
Yは生産年です。
RRR(R)は、そのギターがその年に何番目の生産かを表します。
Mはそのモデルが対象とした復刻モデルを表します。
復刻モデルコード:
1= SG Custom and Special
2= SG Standard
3= 1963 Firebird 1
4= 1964 Firebird III
5= 1965 Firebird V & VII
8= 1968 Les Paul Custom

例: 050102は、2005年に製造されたSG Standard reissueでその年の10本目を表します。
030084は、2003年に製造された1964 Firebird III reissueでその年の8本目を表します。

Historic ES MODELS (1995年以降):
(A or B)-MYRRR
Mは復刻対象のモデルイヤー(モデルコード)を表します。
Yは生産年を表します。
RRRは、その当該年のヒストリックESモデルの生産における完成順を表しています。
リーシューモデル・コード:
2= ES-295
3= 1963 ES-335 (block inlays)
4= ES-330
5= ES-345
9と"A"の接頭辞 = 1959 ES-335 (dot inlays)
9と"B"の接頭辞= ES-355
例: A-38005は、1998年に製造された'63 ES-335 Reissueで、その年の5本目の製造を表します。

 

Carved Top models (シリアル番号はオレンジラベル上に表記)
YDDDYRRR
YYは生産年を表します。
DDDは、その年の1月1日から何日目かを表します。
RRRは、その当該日に製造されたカーヴドトップ・モデルの生産における完成順を表します。ご注意-2000年時点で、上1桁目は"2"となっています。


例: 91418009は、1998年の1月1日から数えて141日目に、カーヴドトップ・モデルの生産の中で9本目であることを表します。
例:  20045002は、2005年の1月4日にスタンプを押されたカーヴドトップ・モデルの2本目を表します。

Custom Shop regular production models
CSYRRRR
CSは"Custom Shop"を表します。
Yは生産年を表します。
RRRRは、各モデル群の生産の中での完成順を表します。

例: CS10845は、2001年に製造されたCSモデルの中で845本目を表します。

CS Signature Models:
下記のリストは全てのモデルを網羅しているということではありませんが、最もポピュラーなシグネチャーモデル群を含んだ内容となっています。


Ace Frehley Les Paul
- 1997年のリミテッドランで、"ACE xxx"のように通し番号になっています。
ご注意: 製造完了となっているGibson USA Ace Frehley Signature Les Paulは、通常の8桁のシリアル番号表記。

Andy Summers ES-335
50本の限定生産で、"AS xxxx"のように通し番号で表記。

Dickey Betts '57 goldtop Les Paul
114本の限定生産で、"DB xxx"のように通し番号表記。

Dickey Betts '57 red top Les Paul
"DBR xxx"のように通し番号表記。

Gary Rossington Les Paul
250本の限定生産で、"GR xxx"のように通し番号表記。

Gary Rossington SG
250本の限定生産で、"13xxx"のように通し番号で表記。

Jimmy Page Les Paul (3 versions)
-最初に生産された25本のエイジド・モデルは、1-25のように手書きでナンバリングされ、ジミー・ペイジによって手書きのサインが施されていました。その手書きのナンバリング以外は、一切ギター本体にナンバーは打たれていませんでした。
-限定生産による150本のエイジド・モデルは、"PAGE xxx"のように通し番号で表記。
-生産本数に制限を設けないCustom Authentic modelは、"JPP xxx"のように通し番号で表記。
ご注意: 既に製造終了しているGibson USA Jimmy Page Signature Les Paulは、通常の8桁のシリアル番号表記。

Joe Perry Les Paul (2 models)
- 1996年製造のJoe Perry Signature Les Paul (trans black finish)は、"JPxxx"のように通し番号で表記。
- Boneyard LP –パイロットラン・モデルは、インクで書かれた通し番号と手書きされた"Pilot Run"の文字が施されています。仕様に違いの無い本生産ヴァージョンの同モデルでは、"BONE xxx"のように通し番号で表記。
ご注意: 既に生産終了となっているGibson USA Joe Perry Signature Les Paulは、通常の8桁のシリアル番号表記。

Johnny A.
"JA xxx"のように通し番号表記。

Pete Townshend LP Deluxe
75本の限定生産で、"PETE xxx"のように通し番号表記。

Peter Frampton Les Paul (2 models)
- PF LP Custom - "PF xxx"のように通し番号表記。
- PF LP Special - "PFYxxx"のように通し番号表記。Yは生産年を表します。

Slash Les Paul (2 models)
- 1997 limited edition model, cranberry finish: "SL xxx"のように通し番号表記。

- 2004年に導入されたレギュラー生産モデルも同様に、"SL xxx"のように通し番号表記。

ご注意: 既に製造終了しているEpiphone Slash Les Paulは、通常のエピフォンのシリアル番号表記。

Tony Iommi SG
"TI xxx"のように通し番号表記。

Zakk Wylde Les Paul
“Bullseye”モデルや"Rough Top"モデルは、"ZW xxx"のように通し番号表記。
Camoヴァージョンは、"ZPW xxx"のように通し番号表記。 

 

Gibson Banjos 1988年---現在

Earl Scruggs Models
Standard:
001から始まる通し番号

'49 Classic:
YY-RR
YY = 製造年
RR = 01から始まる通し番号

Golden Deluxe:
YY-RR
YY = 製造年
RR = 01から始まる通し番号

Flint Hill Special:
FH-YY-RR
YY = 製造年
RR = 01から始まる通し番号


Special:
ES-YY-RR
YY =製造年
RR = 01から始まる通し番号

Style 250
250-TT-RR
YY =製造年
RR =01から始まる通し番号

Granada
YY-MM-RR
YY = 製造年
MM = 製造月
RR = 01から始まる通し番号

RB
RB### = 生産順の連続した通し番号

All other models
S(S)-YYMM-RR
S(S) =スタイル (style 250を除く – 上記参照)
YY = 製造年
MM = 製造月
RR = 通し番号

 

Epiphone

1993年以降のほとんどのレギュラー本生産モデル、多くの80年代製、90年代初期製などのシリアル番号は、共通したシリアル表記法を採用しているようですが、工場のIDコードは含んでいないようです。

FYYMMRRRR

F=ファクトリーコード (こちらは2文字の場合もあり)
YY= 製造年 (90年代製造モデルについて1桁表示の可能性もあり)
MM= 製造月
R= 通し番号 (桁数に変動があり、必ずしも総生産数を表してはいません)
例 - S02021234は、2002年2月に発行された番号。

現行のEpiphone modelに用いられている他のシリアル表記法
FYYMRRRR
F= ファクトリーコード
YY=製造年
M= 生産月を示すアルファベット (A=January, B=February, etc...)
RRRR= 通し番号
例 - R03D0263は、2003年の4月に発行された番号。

Epiphone Elite/Elitist models
FYSSSS
F= ファクトリーコード ("F"か"T"の表記)
Y= 製造年 (2 = 2002, 3 = 2003, etc.)
SSSS= 連続したシリアル番号
例 - T41234は、2004年製のElitist modelを表します。

 

Dobro (1995-present)

1995-1997
A(A) (#)###YY
A(A) = モデルコード
(#) ### = 通し番号
YY = 製造年の下2桁
例 - BA xxx 95は1995年製造。

1997-現在
YMMDDRRY
Y(上1桁) = 製造年の下1桁
MM = 製造月
DD = 製造月の何日目
RR = 通し番号
Y (下1桁) =製造年の下2桁

 

Gibson Goldtone Amps

製品コード/生産番号/製造された四半期・製造年

例 - G-03/207/299

ご注意: “G"は、しばしば"6"と取り違えられます。このアンプは、1999年の第2四半期に製造されました。