VOICE OF J-45 PART 2 : miwa インタビュー

 

これからも多くのプレイヤーを魅了するカッコいい存在であってほしい

 

世界中のギター・プレイヤーたちに愛されてきたギブソン・アコースティックのフラッグシップ・モデル、J-45が誕生から80周年を迎えた。「ヒカリヘ」を始め数々のヒット曲で知られるシンガー/ソングライターのmiwaも、J-45のサウンドに魅了されたミュージシャンのひとりだ。長きに渡り自身の美しい歌声を支え続けている"相棒" J-45"の魅力について、miwaに語ってもらった。

取材・文:尾藤雅哉
撮影:西槇太一

 

 

“一生使い続けるギター”と心に決めて J-45を手に入れました

 

――まずはmiwaさんがJ-45を使い始めたきっかけから教えて下さい。

高校生の時に私にギターを教えてくれていた師匠にお願いして、師匠のギターを一本譲ってもらったことが出会いでした。当時、私はボディの小さなアコギを使っていたんですけど、師匠が弾くギターのように“低音がもっと 力強く鳴ってくれる”モデルが欲しくなったんです。そこで師匠に「もし使っていないギターがあれば譲ってもらえませんか?」とお願いをして。その時に手に入れたのが、今もメインで使い続けているJ-45 Rosewood Custom なんです。


――J-45を初めて弾いてみた時の感想は?

すごく弾きやすかったです。力強くて存在感のあるサウンドが低音から高音までバランス良く鳴っていたので、すぐに気に入りました。ギターを始めて間もない頃に、J-45のような素晴らしいギターと出会うことができて本当に良かったと思います。


――ギブソンのアコースティックギターに関して、どのような印象を持っていましたか?

大好きなシェリル・クロウがヴィンテージのカントリー・ウェスタンを使っていたので、私にとってギブソンは憧れのギターメーカーでした。彼女がギターを弾いている姿がカッコ良くて、「私も彼女のようにカッコ良くありたいな」って思っていましたね。


――改めて、愛用しているJ-45について話を聞かせて下さい。先ほど話に出た高校生の時に手に入れたという2000年製のJ-45 Rosewood Customは、生涯の相棒としてデビューするよりも前から愛用しているそうですね。

“結婚相手を選ぶような覚悟”で手に入れたギターですね。手に入れた当時はデビューできるかどうかなんて全然決まっていませんでしたけど、“本気で音楽の道に進んでいこう!”という気持ちは固まっていたので、“一生使い続けるギターにしよう”と心に決めて、このJ-45を買いました。

 

 

――どのような特徴を持ったギターですか?

通常のJ-45は、サイドとバックの木材がマホガニーなんですけど、このモデルにはローズウッドが使われています。しかもサンバーストではなくナチュラル・フィニッシュなんです。そういうちょっと珍しい仕様なんですけど、結果として、このナチュラル・フィニッシュ&ローズウッド仕様のJ-45が自分のトレードマークになったと思うので、出会うことができて本当に良かったですね。


――気に入っているポイントは?

とにかく“音”が好きです。低音がしっかりと出るのでサウンドに迫力があるし、きらびやかで、ギブソンのアコギ特有のジャキジャキとしたパワー感もある。ストロークと指弾きのどちらでも良い音が出せるので、そのハイブリッドな感じも魅力だと思います。弾き語りはもちろん、バンド・サウンドの中でも存在感を放ってくれるギターですね。


――このJ-45はmiwaさんが最も長い時間を一緒に過ごしてきたギターだと思いますが、印象に残っている場面はありますか?

一番思い出深いのは、日本武道館での弾き語りライブ(『miwa live at 武道館 ~acoguissimo~』/2015年) ですね。このギターを背負って客席からセンター・ステージへ向かう時は、“ずっと一緒にやってきたパートナーと 一緒に武道館に立つんだ”というワクワク感があって、とても嬉しかったことを覚えています。


――長年使い続けてきたことで、音や見た目に変化は?

低域を中心に、より鳴るようになってきたように感じます。なるべく過酷な環境では使わないようにしているので、野外ライブで日に焼けてボディの色が変わってしまったということもないですね。


――ずっと大切に使い続けているんですね。

自分でも過保護だと思うくらい大事にしていますね(笑)。でも、一度だけ大事故があって。空気が乾燥している冬にレコーディングしていた時、ボディを椅子の角にぶつけてしまって......その部分が杢目に沿ってパックリと 割れてしまったんです。本当にショックで落ち込んでいたんですけど、すぐに修理してもらって。キレイに直ったので本当に良かったです。

 

 

曲を作る時、私のイメージの中では いつもJ-45の音が鳴っている


――メインと同じ仕様を持つ2003年製のJ-45 Rosewood Customに関してはいかがですか?

メインのJ-45に何かアクシデントがあったら困るということで、サブを探し始めたんですけど......さっき話したように少し珍しい仕様だったので、同じスペックのモデルを見つけるのが本当に大変でした。5年以上探し続けて、ようやく福島県のいわき市で見つけることができたんですけど、それ以来ずっと使っています。手にした時の感触やサウンドがメインのJ-45とほとんど変わらないんですよ。何の違和感もなくギターを持ち替えられるところが魅力ですね。


――同じ仕様の2本はどのように使い分けていますか?

基本的には同じ使い方をしていて。主にカポを付けて演奏する時や、チューニングをしたいけど時間がない時なんかに持ち替えています。ライブのセットリストを作る時に、使うギターに関してあまり悩まなくて済むのですごく助かっています。


――では、ローズウッド指板でサンバースト・フィニッシュのJ-45 Custom Vintage Sunburst(2013年製)の印象は?

アコースティックギターの“欲しい帯域”がちゃんと鳴ってくれるので、レコーディングで使うことが多いです。オケにも馴染んでくれるし、マイク乗りも良い。きらびやかで、存在感のある音も気に入っています。私としては、このモデルが一番“J-45らしいサウンド”という感じがします。

 

 

――miwaさんがアコースティックギターに求めるポイントは?

どのギターにも共通して言えるのが、低音がしっかりと出たボディの鳴りと、長くキレイに残るサステインかな。あと......音量の大きさも大事ですね。音が良く響くということは、ちゃんと木が鳴っているってことですから。ギブ ソンのギターは、どのモデルもパワーがあって音のバランスも良いので、とにかく弾きやすい。いつも気持ちよく 演奏させてもらっています。


――改めてJ-45の魅力を教えて下さい。

曲を作る時、いつも私のイメージの中で鳴っているのはJ-45の音なんです。これまでにいろんなジャンルの曲を作ってきましたけど、そういった幅広いアレンジにもしっかりと対応してくれるモデルなので、“J-45なら間違いない”という信頼がありますね。


――多くのギタリストに愛されてきたJ-45は、2022年で80周年を迎えました。今後のJ-45に期待することは?

これからも“ギターキッズにとって憧れの存在”であり続けてほしいです。今回の取材で弾かせてもらった最新の現行モデルもすごく良い音でしたしね。アコースティックギターはどんな場所にも一緒に持っていくことができるし、ミュージシャンにとって一番の“相棒”になってくれる楽器だと思います。なので、これからも多くのプレイヤーを魅了するカッコいい存在であってほしいですね。

 

▲2000年製J-45 Rosewood Custom

▲2003年製J-45 Rosewood Custom

▲2013年製J-45 Custom Vintage Sunburst

 

◎PROFILE

miwa

1990年6月15日神奈川県葉山生まれ東京育ち。
2010年大学在学中にデビュー。翌年発表した1st アルバム「guitarissimo」でアルバムチャート1位を獲得。
2012年には「ヒカリヘ」が大ヒット、大学の卒業式と同時期に初の日本武道館公演を開催し、翌年にはNHK紅 白歌合戦に初出場を果たす。
日本武道館や横浜アリーナでのアコギ一本の弾き語りライブの成功、日本最大規模の合唱コンクール『NHK全 国学校音楽コンクール課題曲』(中学校の部)の作詞曲を担当するなど活動の幅を広げている。
2022年2月23日に約5年ぶり6枚目となるフルアルバム『Sparkle』、8月24日には自身初のEP「君に恋したとき から」をリリース。さらに、2023年2月8日にEP「バレンタインが今年もやってくる」のリリースを発表している。

●オフィシャルサイト:https://www.miwa-web.com/

Voice of J-45の他の記事を読む

VOICE OF J-45 PART 1 : 奥田民生インタビュー

VOICE OF J-45

  野生味に溢れる J-45のサウンドがあれば もうそれだけでいい   1942年の登場以来、力強く渋みのある個性的なサウンドで存在感を示してきたギブソンのJ-45が、今年で誕生80周年を迎えた。日本では吉田拓郎や長渕剛、海外でもジョン・レノンやボブ・ディランといった数々の一流ミュージシャ……

続きをみる