ギブソン・カスタムショップから、チャック・ベリーのシグネチャーモデル 『チャック・ベリー 1970s ES-355 マーフィーラボ・エイジド』がリリース

2021.10.26 - ニュース

credit: Danny Clinch

 

この度ギブソンは、ロックンロールのレジェンド、チャック・ベリーのシグネチャーモデル『チャック・ベリー 1970s ES-355』をブランドの最高峰となるカスタムショップによる生産で、限定100本販売します。

チャック・ベリーは、ロックンロールのパイオニアであり、その楽曲とパフォーマンスは、ロック・ミュージックの基礎を築いたと言っても過言ではありません。生涯を通じて影響を与えた数多くのミュージシャンとともに、人々の記憶に残る熱いパフォーマンスを繰り広げてきたチャック・ベリーを支え続けたのはギブソンのギターでした。

チャック・ベリーの息子であるチャールズ・ベリー・ジュニアはコメントします。

「父が愛用していたギターの中でも1978年製ES-355は一番のお気に入りで、36年以上にわたり父と一緒に世界を旅してきました。最後のアルバムとなった『Chuck』と最新ライブ・アルバム『Chuck Berry: Live From Blueberry Hill』もES-355でレコーディングされました。
今回製品化されたES-355の素晴らしいトーンは、オリジナル同様にギターが歌っているかのようです。このギターを手に入れた皆さん、是非、付属するキャプテン・ハット(船長帽)をかぶって、思いっきりボリュームを上げてロックしてください。」

ギブソン・カスタムショップ1970s ES-355は、チャックの愛用した1978年製を復刻したモデルで、エイジド・ゴールド・ハードウェア、マエストロ・ヴァイブローラー、グローバー・チューナー、バリトーン・スイッチ、スプリット・ダイヤモンド・ヘッドストック・インレイなど、オリジナル同様の仕様です。特徴となるワインレッド・フィニッシュには、マスター・アルチザンのトム・マーフィー率いるマーフィー・ラボによるエイジングが施されており、ヴィンテージ・ギターの雰囲気、質感、弾き心地を再現しています。

『チャック・ベリー 1970s ES-355』は、ギブソン・カスタムショップの熟練したルシアーとクラフツマンが、その多くの工程をハンドメイドで生産する全世界100本の限定モデルとなり、チャックがステージで着用していたキャプテンズ・ハット(船長帽)のレプリカ、頭の後ろで演奏できるようにしたフィンガー・ホルダー、専用の認定書とカスタム・ハードケースが付属します。

チャック・ベリーの故郷であり、ファンの聖地であるセントルイスのブルーベリー・ヒルで撮影されたチャールズ・ベリー・ジュニアのインタビューはこちらからご覧いただけます。(英語)

 

チャック・ベリーは、セントルイスのブルーベリー・ヒルで200回以上のショーを行いました。
ライブ・アルバム『CHUCK BERRY: LIVE FROM BLUEBERRY HILL』は、これらのコンサートを初めて紹介するもので、「Roll Over Beethoven」「Rock And Roll Music」「Johnny B. Goode」などの人気曲を収録しています。本作のメンバーは、チャック・ベリー(ボーカル、ギター)、チャールズ・ベリー・ジュニア(ギター)、イングリッド・ベリー(ハーモニカ)、ロバート・ロア(ピアノ)、ジミー・マルサラ(ベース)、キース・ロビンソン(ドラム)で、12月17日にCD/デジタル配信、4月15日にはレコードがDualtone Recordsからリリースされる予定です。収録曲の1つである「Carol/Little Queenie」はこちらで試聴できます。
https://www.dualtonestore.com/collections/chuck-berry

当初からオーディエンスを魅了したチャック・ベリーの独特のステージ・パフォーマンスは、64年間のキャリアにおいて最後まで衰えることはありませんでした。当時はまだ黒人アーティストにとっては厳しい時代でしたが、持ち前の才能と努力によって成功をつかみました。チャックが初めてチャートに登場したのは名門レーベルであるチェス・レコードからリリースされた「Maybellene」で、ブルース、スウィング、カントリーの要素を取り入れた音楽スタイルは、“クロスオーバー”という言葉を生み出したとも言え、新しいものに飢えていた若者たちの心をつかみました。それこそがロックンロールの始まりだったのです。

その時代の多くのアーティストとは異なり、チャック・ベリーは自分で曲を書いていました。 多くの若者の心に響く曲を作り出すソング・ライティング・スキルと圧倒的なステージ・パフォーマンスは言わずもがなですが、特筆すべきは彼が奏でた特徴的なギターです。今でこそ一般的になっているロックンロールギターのフレーズは、その後の全てのロック・ギタリストに影響を与えたと言っても過言ではありません。
チャック・ベリーはギブソンを初めて手にした時から、彼の後に続くミュージシャンの道を切り開いてきました。2017年、彼は音楽に捧げた人生という名のステージを去りました。チャック・ベリーが最後まで最も大切にしていたものこそ、ギブソンのES-355だったのです。

 

【名称】 ギブソン チャック・ベリー 1970s ES-355
【税込希望小売価格】 998,800円
【発売開始時期】 2021年10月下旬
【製品ページ】 Chuck Berry 1970s ES-355

ニュース一覧に戻る

ギブソンについて

ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE