News

(February 1, 2019 Nashville, TN) ロック、ポップ、ブルーズ、フォーク、ジャズその他あらゆるジャンルのアーティストがこぞって全幅の信頼を置くギブソンギター。時代の境目から新たなフェイズへと突入し、ギブソン・ブランズはアナハイムのNAMMショーにて次なる時代への口火を切りました。卓越したアメリカンメイドのギターブランドであるギブソン・ブランズは、世代、性別、ジャンルを問わず先駆的なミュージシャンを擁してきた名高い歴史に敬意を表しつつも、これからのギブソンの使命に新たな息吹を吹き込み、その使命を再び思い描き、再びその使命に向けて力を漲らせました。NAMMショーでのギブソンブースでは、125年間にわたり事業継続してきたことを称えるNAMM Milestone Awardを含め、いままで成してきた一連のギブソンの成果を展示しました。ニューモデルとなるLes Paul Standard 50sモデルは、Guitar誌Total Guitar誌、 Music Radar誌の編集者より"Best Electric Guitar of NAMM(2019ナムショーでの最高のエレキギター)"という評価を勝ち取りました。

多くの批評家からの賞賛を集めながら、GIBSON Experience at NAMM(実際に手にとって試奏可能な体験型のギブソンブース)では、リラックスした雰囲気の中、うっとりするほど最高の新旧織り交ぜたギター群を取り揃えました。ギブソンブースでは、どなた様でもお気に入りのモデルを手にとりプラグインしてヘッドフォンをご使用の上、思うがままにご試奏いただけました。

 


Gibson Experience at NAMM 2019


Robby Krieger (The Doors) performs for fans at the GIBSON Experience at NAMM 2019.

1月23日水曜日、ギブソン・ブランズは2019NAMMショーの幕を開け、ロックンロールの草分けであるチャックのご家族とともに史上初のコラボレーションとなるChuck Berry Tribute ES-350Tモデルのローンチを発表しました。チャック・ベリーの息子のチャールズ・ジュニアー氏と孫にあたるチャーリー氏はジャード・ジェイムス・ニコルズ氏とともに登壇しました。同モデルを紹介後、強烈な"Johnny B. Goode"のパフォーマンスを披露し、会場を埋め尽くす聴衆を興奮の坩堝へと導きました。早くも2019NAMMショーでのギブソン・ブランズの賑わいを決定づけました。Music Radar誌はこう評しました。"ギブソン・ブランズはNAMMショーに戻ってきた初日から既に大盛況でした。ギブソンはベストを尽くしてプレ・ショー・イベントでの出来事を成功裏に進めました" ニューモデルについて、Guitar誌はこう記しました。"多くのゴージャスなギターが展示されていましたが、何と言っても目を引いたのは、Custom Shop Chuck Berry Tribute ES-350Tモデルでしょう"

 


She Shreds panel at the GIBSON room, photo L-R: Emily Wolfe, She Shreds editor Fabi Reyne, Nancy Wilson of Heart, Cam, Michelle Arseneau, Emily Ruvidich.


Billy Gibbons (ZZ Top) and Peter Frampton perform at Gibson Namm Jam 2019.


Gibson Namm Jam photo L-R: Jimmy Vivino and Nancy Wilson of Heart.



Gibson Namm Jam photo: Jared James Nichols.


24日木曜日、ギブソン・ブランズはその勢いを維持したまま夜の部へと突入しました。ギブソン・ブランズは、NAMM期間で最もホットなライヴイベントであるNAMM JAM "Legends and New Icons" をアナハイムのシティ・ナショナル・グロウヴにて主催したのです。オープニングパーティでは、ビリー・ギボンズ、ナンシー・ウィルソン、ピーター・フランプトン、ロビー・クリーガー、エミリー・ウルフ、ブラック・ピストル・ファイアー、ジャード・ジェイムス・ニコルズ、トビー・リー、ローレン・ルース・ウォード等、他ならぬレジェンド達がステージを賑わせ大団円を迎えました。一方、当夜のハウスバンドに目をやると、ジミー・ヴィヴィノ、ケニー・アロノフ、ダリル・ジョーンズ、ジェフ・ヤングといった百戦練磨の猛者達による豪華な布陣を誇っていたのです。

24日木曜日から26日の土曜日まで、あらゆるジャンルのアーティスト達がGIBSON Experience(実際に手にとって試奏可能な体験型のギブソンブース)を訪問し、サイン会、Q&Aセッション、シークレットライヴパフォーマンスなどを繰り広げました。これらのイベントでは、以下に挙げるレジェンドクラスのミュージシャン達や新進気鋭のスター達が登壇しました。

Nancy Wilson of Heart,Robby Krieger of The Doors,Rick Nielsen of Cheap Trick, Lee Roy Parnell, Jason Hook of Five Finger Death Punch, Brian Ray (Paul McCartney), Brendon Small of Metalocalypse andDethklok, Chris Traynor of Bush andHelmet, Billy Howerdell ofA Perfect Circle, Michael Clifford of 5 Seconds of Summer, Lari Basilio,Vivian Campell of Def Leppard,Cam, Emily Wolfe,Frank Hannon, Toby Lee,Striking Matches, Luis Maldonado of Train,Trini Lopez, Michelle Arseneau, Gina Chavez,GianMarco, Austin Sexton,Brooklyn Allman, Spindrift, Leo James Conroy, Monica Valli, Carly Jo Jackson and more.

ギブソン・ブランズの新たな章の幕が上がりました。今後もビッグニュースが控えております。ギブソン・ブランズのこれからにどうぞご期待ください。

 

GIBSON-VIDEOS:

Gibson-Intro to New Classics Line-up:HERE
Gibson-New Acoustics Overview 2019:HERE
Gibson-New Contemporary 2019:HERE
Gibson-NAMM Wrap UpHERE

 

GIBSON-Media Releases:

Gibson-2019 Gibson Returns--January 14:HERE
Gibson-2019 New Product Announcements and Chuck Berry Tribute-January 18:HERE
Epiphone NAMM 2019-January 22:HERE
Gibson-Chris Cornell Tribute Release-January 15:HERE

GIBSON PHOTOS, VIDEOS AND PRESS KIT:HERE
GIBSON at NAMM trailer:HERE
GIBSON full events and NAMM JAM photos:HERE.
*All images and video approved for open media use. Credit: Gibson.

 

 


ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

 

For more information onGIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE