Vintage Guitar掲載記事 : キース・リチャーズの’63 Gibson Custom SG

Russell Hall | 2018.01.25 - 製品記事

キース・リチャーズがプレイしたあの有名な1963 Gibson SG Customが、今回のVintage Guitarの特集で取り上げられました。現在は、フロリダのOrlandoにあるハードロックカフェの拠点の格納庫に収蔵されていますが、見た目にもたいへん目立つそのギターは、ストーンズの活動期の中でもっとも実り多き創造的な時期に、キースにとって一番頼りがいのあるギターだったのです。

“1973年の一時期の間、‘Exile on Main Street’のツアーの間、キースはあのギターをつかっていたのです。クールですよね” と“Rolling Stones Gear”の著者であるAndy Babiukは綴っています。“キースはまた、L.A. Forumでの、ニカラグアでの大地震の生存者を援助するための慈善興行のショーでもあのギターを使ったのです。その後の太平洋ツアーの間、特に‘Midnight Rambler’にて7フレットにカポを装着し、レギュラーチューニングの状態でプレイしていました”

 

 

Vintage Guitarは、ハードロックカフェがそのギターをMarshall Chessから入手したと指摘しています。Marshall Chessとは、1970年にバンドの新レーベルとなるRolling Stones Recordsを管理監督するためにストーンズによって雇われた人物です。チェスは、1964年に初めてストーンズの面々に会いました。その時、ストーンズは米国ツアーの合間で、シカゴに本拠地のあるChess Recordsを訪れ、数曲を録音していました。

更にキースのSGについてお読みになりたい方、写真をご覧になりたい方は、Vintage Guitarのウェブサイト内のコチラにてご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE