Premier Guitar掲載記事 : 1950 Gibson ES-300

Shawn Fernandes | 2018.02.01 - 製品記事

 

Premier Guitarでの連載記事、‘Vintage Vault’ (貴重品を収蔵する地下金庫で保管されるヴィンテージギターの意)にて、1950年バージョンのギブソン・エレクトリック・スパニッシュ・ギターであるES-300が取り上げられました。

記事では、1936年のES-150の誕生から、1937年の若干小型のボディサイズのES-100の導入、1938年の装飾的なES-250の導入まで、モデルとしての発展の足跡を辿っています。更に続けて、同ラインナップの次のモデルとしてES-300を取り上げています。1940年に導入され、第二次世界大戦の影響で生産が休止されるまでに、多くの再生産が行われていました。

戦後に生産が再開すると、ESシリーズのラインアップは、当時新規でデザインされたP-90ピックアップが搭載されることになります。1949年のギブソンカタログは当時、ES-300をこう表現していました。“プロユースのクオリティをもつ適切な価格設定のギターが、2ピックアップ搭載のエレクトリック・スパニッシュ・ギターの標準的なスタイルを纏って、ギブソンより発売となります。ギター演奏の上級者にとってより理想的なギターであり、ES-300は特徴的なギブソントーンとバランスのとれた電気的な増幅を可能にしています。その美しい外観は、ギブソンのサンバーストやナチュラルのフィニッシュ上での装飾的なアクセントにより際立っています”

1950年にES-300は$235でした。今日、当時製造され現存するヴィンテージのES-300は、コンディションが良い個体であれば、$3500ほどの価格設定となるでしょう。

‘Vintage Vault’を全編ご覧になりたい方は、コチラでご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE