News

 

Premier Guitarでの連載記事、‘Vintage Vault’ (貴重品を収蔵する地下金庫で保管されるヴィンテージギターの意)にて、1950年バージョンのギブソン・エレクトリック・スパニッシュ・ギターであるES-300が取り上げられました。

記事では、1936年のES-150の誕生から、1937年の若干小型のボディサイズのES-100の導入、1938年の装飾的なES-250の導入まで、モデルとしての発展の足跡を辿っています。更に続けて、同ラインナップの次のモデルとしてES-300を取り上げています。1940年に導入され、第二次世界大戦の影響で生産が休止されるまでに、多くの再生産が行われていました。

戦後に生産が再開すると、ESシリーズのラインアップは、当時新規でデザインされたP-90ピックアップが搭載されることになります。1949年のギブソンカタログは当時、ES-300をこう表現していました。“プロユースのクオリティをもつ適切な価格設定のギターが、2ピックアップ搭載のエレクトリック・スパニッシュ・ギターの標準的なスタイルを纏って、ギブソンより発売となります。ギター演奏の上級者にとってより理想的なギターであり、ES-300は特徴的なギブソントーンとバランスのとれた電気的な増幅を可能にしています。その美しい外観は、ギブソンのサンバーストやナチュラルのフィニッシュ上での装飾的なアクセントにより際立っています”

1950年にES-300は$235でした。今日、当時製造され現存するヴィンテージのES-300は、コンディションが良い個体であれば、$3500ほどの価格設定となるでしょう。

‘Vintage Vault’を全編ご覧になりたい方は、コチラでご確認ください。