Vintage Guitar掲載記事: Vintage Les Paul Junior

2018.02.10 - 製品記事

 

Vintage Guitarは近頃、’53 Gibson Les Paul Juniorを取り上げ、“Classic Instrument”という連載記事にて特集しました。当時のギブソン社が正式には1954年にLes Paul Juniorをリリースしたという点を指摘した後、記事では続けて、特集されている’53 Gibson Les Paul Juniorについて、いくつもの点で典型的なJuniorモデルとは異なることに触れています。

“ネックはボディにセットネックという接合法で取り付けられているので、指板はボディトップの位置よりもかなり高い位置になります” と記事に記されています。“このネックジョイントは、明らかにオリジナル生産されたものですが、他のLes Paulとは異なるものです。加えて、このギターは典型的なLes Paul Juniorとは異なり、よりダークなサンバーストとなっており、ボディの中心部はイエローというよりもブラウンのカラーになっています。このフィニッシュはこの時期、1953年頃のES-125に見られたものと同様です。更にP-90も同時期のES-125やES-175に搭載されていたものと同様でブラックのプラスチックのカヴァーのものですが、Juniorに搭載されている典型的なカヴァーとは寸法が異なるものです”

記者は続けて、Les Paul Juniorの一般的なキャラクターや機能性について賞賛しています。

“Juniorは、より高価な他のLes Paulモデルよりは装飾は少なく派手さはないですが、製造におけるクラフツマンシップや木材などのマテリアルの点では他のモデルと変わらずにギブソンの品質基準に適っています” と記事では語られています。“1ピックアップのみの仕様ですので、Les Paul Juniorは2ピックアップ仕様のギターに比べればサウンド面での幅広さ・汎用性は低くなります。ところが、1基のシングルコイル・ピックアップ、P90から発せられるその上質なサウンドは2ピックアップ仕様のギターのリード・ピックアップのサウンドと比べて遜色ないものです。ちょうど、ほとんどのジャズプレイヤーはリズムピックアップしか使わないので2ピックアップ仕様のギターが必要ないように、多くのロックやブルースプレイヤーは、リードポジションないしはブリッジポジションにある1ピックアップがあれば全て事は足りるということが分かっているのです”

更に記事をお読みになりたい方、写真をご覧になりたい方は、コチラでご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE