Music RadarによるThe 1959 Gibson Les Paul Standardのレポート: ‘歴史的名器’

Shawn Fernandes | 2018.02.15 - 製品記事

Music Radarは、‘歴史的名器’という連載記事の中で、“エレクトリックギターのストラディヴァリウス” と称される1959 Gibson Les Paul Standardを特集しました。

 

 

記事ではGibson Les Paul Standardへの進化・発展の過程について触れられています。 (‘Goldtop’としてよく知られている) ‘Model’シリーズ期から、改名されカラー変更がなされた1958年以降のCherry Red Sunburstにいたる過程です。

オリジナルラン(初めての生産)としてスタンダードが生産された時期は、1958年から1960年までの僅かの間だったことを考えると、現在コレクターの間でたいへん貴重なギターとなっていることはご想像いただけるでしょう。Music Radarによると、“当時生産現場で実行されていたギターの構造とマテリアルに関する方法論は、事実上、替えがきかないほどかけがえのないものだったのです。そして当時製造されてから現存しているギターの多くは、おそらくあらゆるエレクトリックギターの中で最高の価格で取引きされているため、たいへん魅惑的に映ります”

記事では、1本の’59 Les Paul Standardに焦点を当てています。そのギターは、匿名のバイヤーにより£279,000で購入されたものです。そのバイヤーによるとこうです。“これはエレクトリックギターのストラディヴァリウスなんだ。私はこう思っていたんだ。‘いつか、なんとか、この歴史的な逸品を所有することができないものか!’ 本当に著名なギターになりましたね” そして彼は続けます。“私にとっては、1959 Gibson Les Paul Standardをプレイしていたミュージシャンこそが偉大な音楽を築いていったんだ。そんな素晴らしい名器なんだ!”

The vintage ’59 Sunburst Gibson Les Paul Standardについて、更にお読みになりたい方はコチラでご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE