News

近頃Gibson Super 400 Premier cutawayがVintage Guitarに取り上げられ、“Classic Instruments”という連載記事のなかで特集されました。1940年にギブソンのマーケッティング資料に初めて登場し、当時、ケースとジッパー付きのカヴァー込みで希望小売価格は$425の設定でした。同モデルは当時のギブソンカタログの中でもっとも高価なモデルだったと記事では記されています。

“高価なギターでしたが、これらのギターの生産には高い水準の熟練技術が必要でした” と記事では記されています。“当時、大恐慌からまだ経済は回復しておらず、ほとんどのミュージシャンはこういったギターを購入する余裕はありませんでした。ギブソンに1930年代から1940年代にかけて勤務していたJulius Belsonは当時の生産数を記録していました。Super 400P sunburstは、1939年に6本、1940年に10本、1941年に13本の生産でした。一方、Super 400 PN naturalは1940年に13本、1941年に5本の生産でした”

The Super 400PとL-5Pは、ギブソンによる最初のカッタウェイ付きモデルでした。記事ではこう記されています。“戦前のPremiere Super 400でもL-5でもどちらも大変貴重なコレクター垂涎のギターです” 更にこう付け加えています。ほとんどのプレイヤーは1940モデルを好んでおり、それは、1930年代のモデルとは異なり、ボディトップ上に高い位置で拡張された指板を有しているからです。

更にお読みになりたい方、写真をご覧になりたい方はコチラでご確認ください。