Vintage Guitar掲載記事: ギブソン・サンダーバード

Russell Hall | 2018.02.25 - ニュース

 

近頃、見た目にもインパクト大の1965 Gibson Thunderbird bassが、Vintage Guitarの連載記事、“Classic instruments”にて取り上げられました。記事では歴史的背景の簡潔な説明の後、ギブソンは1963 年のサンダーバードの導入により、“本格的にフルスケール(ロングスケール)のエレクトリックベース市場に参入する道を選択した” と記されています。

ファイアバードの仲間としてサンダーバードはスルーネック構造を持ち、ボディの両サイドはネックブロックに接着されています” と記者は記しています。“初期生産の個体は、全長をカヴァーするツーピースのネックを有していましたが、生産開始初年度の後半には、強度の確保を目的としたナインピースでラミネートされたネックへと仕様が変更されました”

記事では、Thunderbird IIとIVの違いは、“単純に、ドットポジションマークの指板を持つモデルでピックアップが1 個なのか2個なのか” と指摘しています。

“その両モデルでは新開発のポールピースを持たないハムバッキング・ピックアップを搭載していました。また、搭載されていたチューン・オー・マチック・ブリッジとストップ・テイルピースも新開発のものでした” と記事では記されています。“1ピックアップ仕様のサンダーバードIIはヴォリュームとトーンのコントロールがあり、2ピックアップ仕様のサンダーバードIVは、ヴォリュームコントロールが2基とマスター・トーンコントロールの仕様でした。オリジナルのファイアバードはヘッドストックの裏側に取り付けられたバンジョースタイルの弦巻きを搭載していましたが、サンダーバードは、伝統的なベース用の弦巻きを搭載していました….”

Vintage Guitarは、Wishbone AshのMartin TurnerやThe Allman Brothers BandのAllen Woodyをサンダーバードの代表的なプレーヤーと記しています。ギブソン・サンダーバードの2018モデルについては、コチラでご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE