News

 

近頃、見た目にもインパクト大の1965 Gibson Thunderbird bassが、Vintage Guitarの連載記事、“Classic instruments”にて取り上げられました。記事では歴史的背景の簡潔な説明の後、ギブソンは1963 年のサンダーバードの導入により、“本格的にフルスケール(ロングスケール)のエレクトリックベース市場に参入する道を選択した” と記されています。

ファイアバードの仲間としてサンダーバードはスルーネック構造を持ち、ボディの両サイドはネックブロックに接着されています” と記者は記しています。“初期生産の個体は、全長をカヴァーするツーピースのネックを有していましたが、生産開始初年度の後半には、強度の確保を目的としたナインピースでラミネートされたネックへと仕様が変更されました”

記事では、Thunderbird IIとIVの違いは、“単純に、ドットポジションマークの指板を持つモデルでピックアップが1 個なのか2個なのか” と指摘しています。

“その両モデルでは新開発のポールピースを持たないハムバッキング・ピックアップを搭載していました。また、搭載されていたチューン・オー・マチック・ブリッジとストップ・テイルピースも新開発のものでした” と記事では記されています。“1ピックアップ仕様のサンダーバードIIはヴォリュームとトーンのコントロールがあり、2ピックアップ仕様のサンダーバードIVは、ヴォリュームコントロールが2基とマスター・トーンコントロールの仕様でした。オリジナルのファイアバードはヘッドストックの裏側に取り付けられたバンジョースタイルの弦巻きを搭載していましたが、サンダーバードは、伝統的なベース用の弦巻きを搭載していました….”

Vintage Guitarは、Wishbone AshのMartin TurnerやThe Allman Brothers BandのAllen Woodyをサンダーバードの代表的なプレーヤーと記しています。ギブソン・サンダーバードの2018モデルについては、コチラでご確認ください。