Vintage Guitar掲載記事: ギブソン・タル・ファーロウ・モデル

Russell Hall | 2018.03.01 - 製品記事

 

ヴィンテージの美しいギブソン・タル・ファーロウ・エレクトリック・アーチトップ・モデルが、この度、Vintage Guitarで取り上げられ、“Classic Instruments”という連載記事のなかで特集されました。記事では同モデルを、“1960年代のアーチトップのアーティストモデルのなかでもっともレア” と表現し、タル・ファーロウ・モデルは“真のプロユースのギターだった” と記しています。

“タル・ファーロウ・モデルは、1960年代初頭に初めてカタログ掲載された4機種のフル・アコースティック・ボディのアーティストモデルの中の一機種です” と記者は記しています。“1962年に市場に導入された同モデルはES-350を基にしていました。ES-350は、ファーロウが1950年代中盤にRed Norvoと彼のトリオとの演奏時に使っていたギターです。1950年代のギブソン・エレクトリック・アーチトップの伝統に沿って製作されたタル・ファーロウ・モデルは、ちょっとした成功に甘んじることになりました。それはおそらく、ファーロウ自身が当時、約6年前に精力的な演奏活動からリタイアしてしまっていたからではなく、フル・ボディ・サイズのフル・アコースティック・アーチトップモデルの時代が下火になろうとしていた当時の時代背景によるものでしょう。”

記事では、同モデルの仕様や特徴などを仔細にレポートしています。記者はまた、タル・ファーロウ・モデルの製造中止が正式に発表される1971年までに、合計215本が生産されたと記しています。タル・ファーロウ・リイシュー・モデルについてはコチラにてご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE