要注目: ジャズギターの代名詞、1962 Gibson L5-CES

Shawn Fernandes | 2018.03.20 - 製品記事

ロサンジェルスのNorman’s Rare Guitarsより近頃、‘Guitar of the Day’という動画連載シリーズにて、正真正銘の大定番のジャズギターの紹介記事が投稿されました。ストアマネージャーのMark Agnesiによると、"いろいろあるうちのジャズギターの1本というんじゃなくて、これこそがジャズギターなんだ"彼が話題にしているのはどのギターかって?1962 Gibson L5-CESです。

 

 

その動画記事でとりあげられているギターはオリジナルのサンバーストフィ二ッシュを纏い、フロレンタインカッタウェイ(ヴェネチアンカッタウェイではなく)、単板削りだしのスプルーストップ、エボニー指板とナンバードPAFピックアップを搭載しています。動画の中でAgnesiはL5の歴史に触れています。マスター・ルシアーであるロイド・ロアー設計による1920年代の誕生から、1950年代初期のL5-CES (カッタウェイ・エレクトリック・スパニッシュ)にいたる進化・発展の過程などです。Agnesiが動画でとりあげているこの実機は、彼の表現によれば、“あるべき箇所にあるべき年代を感じさせる経年変化と使用痕がはいっていてクールだ” とのことです。

動画の中でAgnesiはこうコメントしています。“私はジャズはプレイしないんだ” ところが彼は誰にもそう悟られることはなかったでしょう。彼はいくつかのトリッキーな曲を取り上げこのギターの実力を紹介しています。Wes Montgomery’の ‘Bumpin’ on Sunset’やBrent Mason’sの‘First Rule of Thumb’、そしてジャズスタンダードの ‘Take Five’などです。

動画をご覧になりたい方はコチラまでどうぞ。Gibson Custom Shop製の現行のL5-CESの仕様につきましてはコチラまでどうぞ。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE