Music Radar掲載記事: Gibson Les Paul Custom特集

Shawn Fernandes | 2018.03.10 - 製品記事

モダンロック期のアイコン的(象徴的)ギターの発展についての連載記事の中で、イギリスのウェブサイトであるMusic Radarは近頃、Gibson Les Paul Customの歴史を巡る特集記事を掲載しました。

 

 

Les Paul Customが最初に市場に投入された1950年代の中ごろ、ギブソン社は同モデルを“ソリッドボディギターの究極のかたち” と広告でうたいました。Music Radarの記事が指摘するように、1952年にオリジナルのLes Paulは市場に投入されたのですが、“そのLes Paulは当時、装飾の点で比較的に控えめ” だったのですが、確かにそのオリジナルLes Paulの存在があったからこそ、よりエレガントなヴァージョンの生産へと繋がっていき、1953年のLes Paul Customの市場投入という結果になります。同モデルは‘Black Beauty’ と称され、記事のなかでは、いろいろ特徴がある中でも、特にブラックのフィ二ッシュやゴールドメッキのハードウェア、スプリット・ダイヤモンド・ロゴを擁するへッドストックなどにより、“ビジネスを想起させるギター” と形容されています。

記事ではまた、どのようにしてSeth LoverデザインによるAlnico Vピックアップが、Les Paul Customにてソリッドボディモデルへの初搭載となったのかということを記しています。また加えて、1957年以降Les Paul CustomとLes Paul Goldtopで基本搭載となる Seth Loverの画期的な、すべてを変えることになるハムバッキングピックアップの開発についても触れられています。

Music Radarの記事をさらにお読みになりたい方はコチラまでどうぞ。現行品のフィニッシュや構造などのLes Paul Customの詳細については、コチラをご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE