Vintage Guitar掲載記事:テッド・ニュージェントの1962 Gibson Byrdland

Russell Hall | 2018.03.13 - 製品記事

テッド・ニュージェント所有の1962年製のギブソン・バードランドが近頃、Vintage Guitarのウェブサイトの“Classic Instruments”という連載記事のなかで特集されました。その記事では、Byrdlandを“ギブソンのエレクトリックギターの中でも珍しい” と称しています。

“ギタリストのBilly ByrdとHank Garlandからの意見や意向が取り入れられデザインされ、そのモデル名称も彼らの姓名から由来する同モデルは、1950年代の中盤にギブソン社初のシンライン・ホローボディ・モデルの一機種として市場に導入されました” と記者は記しています。“その23 1/2″スケールは珍しく、プロフェッショナル向けのギターというよりも典型的なスチューデントモデルのようでした。

 

 

“スタンダード仕様のByrdlandは、もともとP-90ピックアップ付きで、1950年代の後半にハムバッカー搭載となりました。予め用意されたカラーはサンバーストとナチュラルで、ギブソン社はスプルーストップ仕様、メイプル・トップ仕様に加え、先端の丸まったヴェネチアン・カッタウェイ仕様と先端の尖ったフロレンタイン・カッタウェイ仕様の両方を製造していました”

The Amboy Dukes在籍時以来、ニュージェントがByrdlandを所有していることが分かった後、記者は当時のギターテクニシャンだったDean Mitchellからの逸話を語っています。

“私はギターの擦れた箇所を見ていたんです…” とMitchellは語ります。“そして私はテッドに、その傷をサンドペーパーで修正してラッカーをのせて修正をしたほうがよいか、尋ねたのです。彼の反応は、万が一私がそこに手をつけたら撃ち殺すぞ、というものでした。テッドはそのギターがWillie Nelsonのアコースティックギターのようになってほしいと願ってましたね!”

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE