要注目: John 5による名器の試奏

Shawn Fernandes | 2018.03.15 - ニュース

近頃、John 5 (David Lee Roth, Marilyn Manson,Rob Zombie) とハードロックの歴史家であるJeff Nolanは、ハードロックの歴史に燦然と輝くアイコン的な存在のギター数本の試奏を行いました。John 5が手にとった多くのギターのなかに、3本の伝説的なギブソンギターがありました。ジミ・ヘンドリックスのホワイトの1967 Gibson SG Custom、ポール・コゾフの’57 Les Paul Jr.、ミック・テイラーの1958 Les Paul Standardです。動画の中で、ノーランがその歴史的な重要性をコメントする傍らで、John 5が実際に試奏してみせています。

 

 

動画では、ノーランはヘンドリクスのSG Customから始めています。John 5にそのギターを手渡します。すると、John 5は感嘆してSG Customの実力を確かめ、最終的にはこうコメントしてます。“これはもう歴史的な信じられないような1本です。自分にはどうすることもできないです。このギターは、写真でも動画でも数えられないくらいたくさん観てきたものです。ただただ、これを手にしてプレイしていること自体、信じられないです” 考えてもみてください。このギターは、ジミがあの有名な1969年のDick Cavettのショーで‘Izabella’や‘Machine Gun’をプレイした時のギターなのです。この伝説的なギターの情報を更にお知りになりたい方は、コチラまでどうぞ。

また動画の中では、ポール・コゾフの初めての’57 Les Paul Jr.についても触れています。John 5によれば、“フィールもサウンドも信じられないくらいだ" とのことです。ノーランは特にこのギターを気に入りこうコメントしています。"私からすればこのギターは、ロックンロールのヴォイスそのものです" 更に続けてこう表現しています。"一塊のマホガニーとワンピックアップの組み合わせは、まさにドンピシャリで、悪いはずがありません"

ノーランによるコメントはこう続きます。" あのギターが作られた頃、カラマズーの上空彼方には星星が輝いていた" そして、"あらゆることがこの小さいギターのもとで一体となったんだ" コゾフのLes Paul Jr.について更にご覧になりたい方は、コチラをご覧ください。

今回ご紹介記事の中での最終記事は、ローリング・ストーンズに属していた1958 Les Paul Standardです。ノーランが指摘するように、"ミック・テイラーがそのギターを多くプレイしていました。ですが、キースもプレイしていました" そのギターが象徴的な存在になっているのは、ドラマーであるチャーリー・ワッツがストーンズの1970年のライヴアルバム、Get Yer Ya-Ya's Out!のジャケットカヴァーで、そのギターを得意げに掲げていたからです。ミック・テイラーのLes Paul Standardの愛用ぶりについては、コチラにてご確認ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE