Les Paul氏所有歴のあるLes Paul Artisanの検証

Russell Hall | 2018.03.31 - ニュース

Premier Guitarは近頃ウェブサイト上にて、しばしば見過ごされてしまうことの多かったLes Paul Artisanに注目しました。その記事は、ある読者からの質問がきっかけでした。その読者は、つい最近Les Paul Artisanを入手することとなり、驚くべきことにそのギターは、あのLes Paul氏本人のベッドルームにてその晩年期、ずっとしまいこまれていたものだというのです。

“Les Paul Artisanは、Les Paul Customをより高級に、仕様的に手の込んだ内容にアップグレードしたヴァリエーションのひとつで、1976年から1982年までの限定生産品と広告でうたわれていました” と記者は語っています。“ユニークな戦前のデザインのへッドストック、エボニー指板を装飾するheart-and-floral pearl inlay、ゴールドカヴァー搭載の3基のハムバッカー・ピックアップ、ウォルナットカラーの削りだしのメイプルトップ(エボニーブラックやタバコ・サンバーストも選択可能でした)、多層バインディングが施されたボディトップ・バック、そしてヘッドストックなど、即座にそれと分かる特徴的なギターです。他にこのギターの特徴としてはウエイトです。11パウンド(5Kg弱)もあるのです!”

 

 

記者はこう続けます。“初期のモデルでは2ハムバッカー仕様もありました。但し、3ピックアップ仕様のほうが即座に理想的と評価されたので、ギブソン社は1979年までに2ピックアップ仕様のほうを製造中止にしました。1980年に、長方形の台座をした大きめのチューン・オー・マチック・ブリッジが、それまで使われていたTP-6にとって変わりました。しかしそれ以外では、Artisanはその7年間の製造期間の中でほとんど仕様変更することなく生産されました。

もう少しお読みになりたい方、この美しいLes Paul Artisanの写真をご覧になりたい方、コチラをクリックしてご覧ください。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE