News

Premier Guitarは近頃ウェブサイト上にて、しばしば見過ごされてしまうことの多かったLes Paul Artisanに注目しました。その記事は、ある読者からの質問がきっかけでした。その読者は、つい最近Les Paul Artisanを入手することとなり、驚くべきことにそのギターは、あのLes Paul氏本人のベッドルームにてその晩年期、ずっとしまいこまれていたものだというのです。

“Les Paul Artisanは、Les Paul Customをより高級に、仕様的に手の込んだ内容にアップグレードしたヴァリエーションのひとつで、1976年から1982年までの限定生産品と広告でうたわれていました” と記者は語っています。“ユニークな戦前のデザインのへッドストック、エボニー指板を装飾するheart-and-floral pearl inlay、ゴールドカヴァー搭載の3基のハムバッカー・ピックアップ、ウォルナットカラーの削りだしのメイプルトップ(エボニーブラックやタバコ・サンバーストも選択可能でした)、多層バインディングが施されたボディトップ・バック、そしてヘッドストックなど、即座にそれと分かる特徴的なギターです。他にこのギターの特徴としてはウエイトです。11パウンド(5Kg弱)もあるのです!”

 

 

記者はこう続けます。“初期のモデルでは2ハムバッカー仕様もありました。但し、3ピックアップ仕様のほうが即座に理想的と評価されたので、ギブソン社は1979年までに2ピックアップ仕様のほうを製造中止にしました。1980年に、長方形の台座をした大きめのチューン・オー・マチック・ブリッジが、それまで使われていたTP-6にとって変わりました。しかしそれ以外では、Artisanはその7年間の製造期間の中でほとんど仕様変更することなく生産されました。

もう少しお読みになりたい方、この美しいLes Paul Artisanの写真をご覧になりたい方、コチラをクリックしてご覧ください。