News

Premier Guitarはウェブサイト上にて、“Vintage Vault”(貴重品を収蔵する地下金庫で保管されるヴィンテージギターの意)という連載記事の中で、1967 Gibson Trini Lopez Standardをテーマにした詳細な記事を投稿しました。

“ソリッドボディやシンラインのエレクトリックギターの人気が上昇する中、ギブソンは1961年より、アーティストモデル・シリーズを含めたより大きめなボディサイズのホローボディのモデルのラインナップの展開を開始し賭けに出ました” と記者は綴っています。トリニ・ロペスは今もプロフェッショナルなギタリストとして現役で、御歳80歳です。“最初に1961年の時点で、ジョニー・スミス・モデルとバーニー・ケッセル・モデルが登場し、タル・ファーロウ・モデルが翌年の1962年にリリースされ続きました。数年後に、このアーティストモデルのラインアップは、スタンダードとデラックスという2機種のトリニ・ロペス・モデルの発表により拡大していきました”

 

 

あくまでもGibson ES-335モデルの存在がTrini Lopezモデルの開発時の出発点であったことを指摘した後、本記事は歴史的な詳細にも触れています。

“ギブソン社とロペスはこの2種類のニューモデルのデザインを共同開発し、1964年にリリースとなりました” 記者は続けます。“多くの様式化した仕様に優れ、Trini Lopez Standardは基本的にはES-335のヴァリエーションモデルの位置づけです。一方、デラックスモデルの方は、ボディ厚がより深く、鋭利なフロレンタイン・カッタウェイをもち、バーニー・ケッセル・モデルと共通性をもつ対となるようなモデルです。ベースとなるボディスタイルの特徴に加え、ロペスモデルは両モデルとも、目を引くようなダイアモンド形のサウンドホール、スプリット・ダイアモンド・インレイ、斜めにスラントしたヘッドストック、そして‘Trini Lopez’と記されたシグネチャー・テイルピースが搭載されています”

記者によると、当時の販売価格は$415であり、Trini Lopez Standardモデルはギブソンの他のアーティストシリーズのモデルよりもよりお求め安い設定だったようです。本投稿の詳細や写真などにつきましては、コチラのクリックよりご確認ください。