ギブソンから、独自開発したボディサイドのサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ を搭載した 次世代のアコースティック コレクション『ジェネレーション・コレクション』が全4機種にてリリース

2021.09.22 - ニュース

この度ギブソンは、ギブソンが独自開発したボディサイドの第2のサウンドホール ”プレイヤー・ポート“を搭載した次世代のアコースティック コレクション『ジェネレーション・コレクション』を全4機種にてリリースする事を発表します。

ボディサイドに搭載されたサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ は、ギブソンのアーカイブにある1964年の設計図を元に、ギブソンのクラフツマン達により改良が加えられ誕生しました。それによりプレイヤーは自身の奏でるギターの音色を、よりはっきりと明瞭にモニターすることが可能になり、これまでにない没入感のあるサウンド体験を実現します。ギブソンではこの新体験を多くのプレイヤーに知ってもらうプロモーションとして、”Hear More of You” (あなたの音に耳を澄ませ。)を全世界のテーマとして展開していきます。

『ジェネレーション・コレクション』には、G-00、G-45、G-Writer EC、G-200 ECの4機種が含まれ、いずれのギターも、ギブソンのその他のアコースティックギターと同じく、アメリカ モンタナ州ボーズマンにあるギブソン工場の熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げされています。

鮮明で響きの良い音色が特徴のギブソン『ジェネレーション・コレクション』のアコースティックギターは、軽量なため持ちやすく、長時間演奏しても疲れないように設計されています。さらに、僅かに胴厚を薄くしたボディ、弾き易さを追求したスリムなネック、ウォルナットの単板サイド&バック、シトカ・スプルースの単板トップ、そして美しいナチュラル・フィニッシュを採用しています。G-200 ECとG-Writer EC には、深みのある低音と透明感のある高音を増幅するLR Baggs™ エレメントブロンズ・ピックアップ・システムを搭載しています。『ジェネレーション・コレクション』は、ギブソンのアコースティック・ラインアップの中で最も手に取りやすい価格帯にて全国のギブソン正規販売店他で発売されます。

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション

 

ギブソン ”プレイヤー・ポート”(G-Writer EC)

 

以下、ギブソン ジェネレーション・コレクションの各モデルに関しての概要です。

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション:G-00

1930年代にギブソンが開発したスモールボディのパーラー・アコースティックギターをモデルにしたG-00は、ブルースやフィンガースタイルのギター演奏に最適なモデルです。よりコンパクトなサイズにもかかわらず、G-00はふくよかでバランスのとれたサウンドを実現しています。G-00は、ギブソン独自開発のボディサイドのサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ からの音色が加わることで、これまでにないより立体的な音の広がりのある演奏を楽しむことができます。

G-00は、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-00の僅かに胴薄のパーラーサイズのボディは持ちやすく、弾き心地も抜群です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは、安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-00はナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-00

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション:G-45

G-45は、ギブソンで最も売れているアコースティックギターであるJ-45スタイルのボディに、ギブソン “プレイヤー・ポート“ を搭載したラウンド・ショルダーのギターです。G-45は、あらゆるスタイルやテクニックの演奏に対応できるギターとして、よく働く”馬車馬“に例えて”ワークホース“と呼ばれています。またG-45は、エレガントなミディアム・ボディサイズでありながら、ソフトなサウンドからアグレッシブなサウンドまで驚くほど幅広いサウンドレンジを持っています。

G-45は、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-45は、僅かに胴薄のラウンド・ショルダー・ボディを採用しており、持ちやすさと弾きやすさは抜群です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-45はナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-45

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション:G-Writer EC

ギブソンのスクエアショルダーのギターは、ロック、ポップス、フォーク、カントリーなど様々なジャンルのアーティストに、その表現の豊かさにおいて人気の高いギターです。G-Writer ECは、力強いラウドなサウンドから、ソフトでスウィートなサウンドまで、幅広いサウンドレンジで、コードをかき鳴らしても、複雑なソロを指で弾いても、どんなスタイルにも対応できる優れたギターです。

G-Writer ECは、LR Baggs™ “エレメント・ブロンズ“ピックアップ・システムと、ボディサイドのサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ を搭載し、ステージやスタジオでの使用に対応しています。

G-Writer ECはギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げされています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-Writer EC は、僅かに胴薄のカッタウェイ・ボディを採用しており、演奏性が高く、ハイ・フレットへのアクセスも容易です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はより

フラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-Writer ECはナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-Writer EC

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション:G-200 EC

ギブソンがカントリー&ウエスタン・シンガーで映画スターのレイ・ホイットリーのためにカスタム・オーダーで製作した最初の「スーパー・ジャンボ」SJ-200は、サイズ、音量が大きく、深みのあるフラットトップギターでした。SJ-200は瞬く間にカウボーイ・シンガーなどの定番ギターとなり、その後カントリー・ミュージックや60年代のフォーク・スター、そしてさらに様々なアコースティックギターのジャンルに広がっていきました。
LR Baggs™ エレメントブロンズ・ピックアップ・システムを搭載した新しいG-200 ECのギブソン ”プレイヤー・ポート“ からの鳴り響くサウンドを聴いたら、レイも誇りに思うことでしょう。

G-200 ECは、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。僅かに胴薄のG-200 ECカッタウェイ・ジャンボ・ボディは、握り心地が良く、ハイ・フレットへのアクセスも良好です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-200 ECはナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-200 EC

 

ギブソン 『ジェネレーション・コレクション』 フィーチャーアーティスト

ギブソン『ジェネレーション・コレクション』は、その最大の特徴である ”プレイヤー・ポート“ によって、プレイヤーは演奏時に自身の奏でるギターの音色をより鮮明にモニターする事ができ、これまでにない新しい演奏体験を実現した次世代のアコースティックギター コレクションです。

今回ギブソンがコラボレーションしたのは、ジャンルを超えて活躍する新世代を代表する3名のシンガーソングライターとプレイヤーです。日本から選出された、れん、Michael Kaneko、そしてDoulの3名は、多様なバックグラウンドを持ち、世代、音楽ジャンルを超えた新進気鋭のアーティスト達です。

2021年9月に初のオリジナル楽曲「嫌いになれない」をリリースしたばかりの18歳の現役高校生シンガーソングライターれんは、TikTokを始めとしたSNSを軸に積極的に活動しているZ世代注目のアーティストです。さらにギブソンの若手プレイヤーを応援する新プロジェクトG3(ギブソン・ジェネレーション・グループ)の新メンバーにも日本から選出されました。

同じく18歳で自身をトータルプロデュースする新進気鋭の女性シンガーソングライターDoul(ダウル)は、その独特な歌声と楽曲、世界観、ファッションなどの総合表現で世界中の同世代を中心に注目を集めるアーティストです。

そして、ソロ・シンガーソングライターとして、また様々なアーティストのプロデューサーとしても活躍するMichael Kanekoは、南カリフォルニア育ちで日本人離れした音楽的バックグラウンドを持ち、ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスで話題を呼び国内の主要フェスへの出演や、様々なアーティストのコラボレーションで活躍の場を広げているアーティストです。

各アーティストの紹介とギブソン『ジェネレーション・コレクション』を使用した演奏とインタビュー動画はこちらでご覧いただけます。

 

れん

2018年よりTikTokに自身が歌唱する映像などの投稿を開始。およそ1年半前からギターの弾き語りを始め、TikTokを中心にInstagramやYouTubeなど、SNSを軸に積極的に活動しているZ世代注目のシンガーソングライター。

https://www.tiktok.com/@ren.0625
https://www.youtube.com/channel/UCh8ohZaTRfvQpn1ZWlvdSyg
https://www.instagram.com/ren.6.25/
https://twitter.com/rendesug

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-00を手にする れん

 

れん 演奏動画(G-00を使用)

 

れん インタビュー動画

 

Doul

18歳の福岡県出身 完全自己プロデュースアーティスト”Doul(ダウル)”。
デビュー曲[16yrs]がいきなり90ヶ国で聴かれ、9,000のプレイリスト入りするなど、メディア露出がほぼ無い中でもその声と楽曲、世界観、ファッションなどの総合表現で世界中の同世代を中心に注目を集める。そしてデビュー1年にも関わらず、Nike / Spotify / YouTube / TikTok / Sonyの大きなサポートを受けている。

https://www.tiktok.com/@doul_ulu
https://www.instagram.com/douldoll_/
https://twitter.com/doul_xx
https://www.youtube.com/channel/UCDdtq9uP84hD3H1gHsbV43w

 

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-Writer ECを手にする Doul

 

Doul 演奏動画(G-Writer ECを使用)

 

Doul インタビュー動画

 

Michael Kaneko

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。
デビュー前にボーカリストとして起用されたTOYOTA、PanasonicのTVCMが話題となり問い合わせが殺到。ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが早耳音楽ファンの間で評判となり、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONICなどに出演。AmPm feat. Michael Kanekoが各国Spotifyのバイラル・チャートにランクイン。インドネシアのフェスでは1万人規模のオーディエンスが大合唱、その声は5,000万人に届いた。

そして2017年、満を持して『Westbound EP』でデビュー。卓越したソングライティングとパフォーマンスは話題を呼び、プロデューサーとして森山直太朗、あいみょん、瑛人などを手がける。さらに大橋トリオ、ハナレグミ、藤原さくら、さかいゆう、SKY-HI & THE SUPER FLYERS、Kan Sanoなどのライブやレコーディングにも参加。2020年、1stアルバム『ESTERO』をリリース。モデルやTVでのMCなど、音楽活動にとどまらず活躍の場を広げている。

http://michaelkaneko.com/
https://twitter.com/michael_kaneko
https://www.instagram.com/michaelkanekomusic/
https://www.youtube.com/c/michaelkanekomusic

ギブソン ジェネレーション・コレクション G-45を手にする Michael Kaneko

 

Michael Kaneko 演奏動画 (G-45を使用)

 

Michael Kaneko インタビュー動画

 

製品情報

【名称】 ギブソン “ジェネレーション・コレクション” G-00
【税込希望小売価格】 144,100 円
【発売開始時期】 2021年9月22日 
【製品ページ】 https://gibson.jp/acoustic/g-00 

【名称】 ギブソン “ジェネレーション・コレクション” G-45
【税込希望小売価格】 174,900 円
【発売開始時期】 2021年9月22日 
【製品ページ】 https://gibson.jp/acoustic/g-45

【名称】 ギブソン “ジェネレーション・コレクション” G-Writer EC
【税込希望小売価格】 231,000 円
【発売開始時期】 2021年9月22日 
【製品ページ】 https://gibson.jp/acoustic/g-writer-ec

【名称】 ギブソン “ジェネレーション・コレクション” G-200 EC
【税込希望小売価格】 287,100円
【発売開始時期】 2021年9月22日 
【製品ページ】 https://gibson.jp/acoustic/g-200-ec

 

gibson.jp 特設サイト

https://gibson.jp/generation

 

国内ギブソン正規販売店

  • クロサワ楽器
  • イシバシ楽器
  • 島村楽器
  • イケベ楽器
  • 三木楽器
  • 平野楽器ロッキン
  • ギタープラネット
  • ワタナベ楽器
  • ニュース一覧に戻る

    ギブソンについて

    ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

    For more information on GIBSON, visit:

    WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE