ギブソンから、アメリカのシンガー・ソングライター ナサニエル・レイトリフのシグネチャー・モデル 『ナサニエル・レイトリフ LG-2 ウェスタン』がリリース

2021.09.13 - ニュース

 

この度ギブソンは、アメリカのシンガー・ソングライターでギタリストのナサニエル・レイトリフのシグネチャー・モデル『ナサニエル・レイトリフ LG-2 ウェスタン』を発売することを発表いたします。
ナサニエルは、ソロの他 “ナイト・スウェッツ”というバンドでも活動しており、フォーク、ソウル、アメリカーナ、R&Bを融合させた音楽を演奏しています。

最新『ナサニエル・レイトリフ LG-2 ウェスタン』は、アメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン・アコースティック工場のルシアーにより1本1本ハンドメイドで製作され、ナサニエルの多様な演奏スタイルにマッチした理想的なモデルです。
小ぶりなマホガニー・ボディ、V字型のネック、プレミアム・アディロンダック レッド スプルース・トップを採用し、ナサニエルが好むヴィンテージトーンを実現しています。また、LR Baggs® VTCピックアップを搭載しており、ハードケースも付属します。

ナサニエル・レイトリフの最新インタビューと、自曲「And It's Still Alright」をギブソン LG-2 ウェスタンを使用した演奏はこちらでご覧いただけます。

 

R&Bロックバンド “ナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ” のフロントマンであり、シンガー・ソングライター、ギタリストであるナサニエル・レイトリフは、フォーク風のソロ・アルバムもリリースしています。2010年のソロ・デビューアルバム『In Memory of Loss』と2枚目のLP『Falling Faster Than You Can Run』は、イギリスやヨーロッパでツアーをしているときに感じた孤独感からインスピレーションを受けています。10年間のソロ活動の後、ナサニエルは “ナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ” を結成し、2015年にスタックス・レコーズからセルフタイトルのデビューアルバムをリリースし、すぐにゴールド・レコードになりグループは人気を博しました。“ナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ” は、アメリカ、ベルギー、カナダでトップ10入りし、ビルボードのフォーク・アルバム・チャートでも1位を獲得しました。同年、ナサニエルのソロ・デビューアルバムが再発売され高い評価を受けました。2018年には、リチャード・スウィフト(ザ・ブラック・キーズ、ザ・シンズ)がプロデュースした2枚目のLP『Tearing at the Seams』をリリースしました。複数のテレビ番組への出演、ライブ・アルバムのリリース、コマーシャルへの出演を3年間続けた結果、デビューアルバムは全世界で400万枚以上の売り上げを記録しました。 2019年、ナサニエルは2曲のジョン・プリンのアコースティック・カバーを収録したシングルをリリースしました。それらの曲は、"Sam Stone"(プリン本人とのデュエット)と "Summer's End"(インディー・フォーク・シンガーのコートニー・マリー・アンドリューズとのデュエット)です。離婚や友人であるリチャード・スウィフトの死によって曲作りに大きな影響を受けたレイトリフは、2020年に発表した3枚目のソロ・アルバム『And It's Still Alright』で、フォークベースのルーツに回帰しました。“ナサニエル・レイトリ・アンド・ザ・ナイト・スウィーツ” は、3枚目のスタジオ・アルバム『The Future』を11月5日にスタックス・レコードからリリースします。

2021年2月、レイトリフは、パンデミックでツアーが頓挫したにもかかわらず、批評家から高い評価を受けたソロ・アルバム『And It's Still Alright』(スタックス・レコード)のリリースから1年後に、アメリカの人気TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」のゲストとしてデビューしました。今年の夏ナサニエルは、2020年9月にわずか125人のファンと共に、コロラド州のレッドロック・アンフィシアターで録音されたライブ・アルバム『Red Rocks 2020』(スタックス・レコーズ)をリリースしました。90分に及ぶ『Red Rocks 2020』に収録されているライブで彼は、これまでライブで演奏されたことのない曲を含む、レイトリフのキャリアから幅広い音楽を披露しています。出演者は、レイトリフ(ギター)をはじめ、ナイト・スウェッツのメンバーであるジョセフ・ポープ3世(ベース)、マーク・シュスターマン(キーボード)、パトリック・ミース(ドラム、キーボード、ギター)、ルーク・モスマン(ギター)に加え、ジェームス・バローン(ドラム、ギター)、ジョイ・アダムス(チェロ)、レイチェル・スリカー(ヴィオラ)、アドリアン・ショート(バイオリン)、クリス・ジュセル(バイオリン)が参加しています。
“ナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ”は、今年の夏から秋にかけて大規模なツアーを行っています。

 

ギブソン LG-2 ウェスタンを手にするナサニエル・レイトリフ

 

ギブソン ナサニエル・レイトリフ LG-2 ウェスタン

 

製品情報

【名称】 ギブソン ナサニエル・レイトリフ LG-2 ウェスタン
【税込希望小売価格】 474,100円
【発売開始時期】 発売中
【製品ページ】 Nathaniel Rateliff LG-2 Western

 

国内ギブソン正規販売店

  • クロサワ楽器
  • イシバシ楽器
  • 三木楽器
  • ニュース一覧に戻る

    ギブソンについて

    ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

    For more information on GIBSON, visit:

    WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE