ギブソンが、オーストラリア出身の女性ギタリスト オリアンティとのパートナーシップ契約及び アコースティック・カスタムショップ製『Gibson Orianthi SJ-200 Acoustic Custom in Cherry』の2021年度リリースを発表

2021.02.12 - ニュース

Photo credit: Jim Iouveau 最新Orianthi SJ 200 Acoustic Custom in Cherryを手にするオリアンティ

この度ギブソンは、オーストラリア出身の女性ギタリスト オリアンティとのパートナーシップ及び最新『Gibson Orianthi SJ-200 Acoustic Custom in Cherry』を2021年度にリリースをすることを発表いたします。(国内発売時期は2021年5月予定)

オリアンティはこう述べています。
「ギブソンの素晴らしいチームと一緒に今回のシグネチャー・アコースティックを作れたことは、本当に名誉なことでした!これ以上嬉しいことはないです。このギターの一番の特徴はSJ-200特有のフルサウンドを保ちつつ、ES-345のネック・プロファイルなのでより速く弾くことができることです。モディファイしたLR Baggsのカスタム・ピックアップも搭載されていて、バランスの取れたギターで音抜けも最高。5月にこのギターを手にした際は、とにかくこのギターの弾きやすさを実感してくれることを楽しみにしています。」

ギブソンのエンターテインメント・リレーションズのグローバル・ヘッド、エリザベス・ハイトはこう述べます。
「オリアンティをギブソン・ファミリーに迎えることができて、とても嬉しく思っています。私たちは以前より彼女の芸術的な演奏のファンであり、この素晴らしい才能を持った女性がギブソンに加わったことは、ギブソンにとって有意義なことです。」

オリアンティは、10年以上にわたり、その圧倒的な演奏で人々を魅了してきており、これまでにマイケル・ジャクソン、アリス・クーパー、キャリー・アンダーウッド、リッチー・サンボラなどと共演をしてきました。

2019年後半、オリアンティはモンタナ州ボーズマンにあるギブソン・アコースティック工場を訪れ、そこからギター製作に向けたクリエイティブなコラボレーションが始まりました。
オリアンティとギブソン・アコースティック・カスタムショップのルシアーとのコラボレーションにて誕生したこのギターには、ギブソンES-345をベースにした特別なネック・プロファイル、ロータス・フラワー(蓮の花)をあしらった新デザインのJ-200ピックガード、マザー・オブ・パールのフラワー・インレイが施された指板など、特別な仕様が採用されています。さらにAAAシトカ・スプルース・トップとメイプル・バック、ゴールドのGrover® Keystoneチューナー、鮮やかなチェリーのニトロセルロース・ラッカー・フィニッシュ、アンダーサドル・タイプのピエゾ・ピックアップLR Baggs™ オリアンティ・システム、サウンドホールにマウントされたプリアンプとコントロールなども特徴的です。

ニュース一覧に戻る

ギブソンについて

ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE