斉藤和義氏のシグネチャーモデル第6弾がリリース: Kazuyoshi Saito J-45 ADJ 2020 Edition

Gibson Japan | 2020.01.24 - 特集記事

現代の国内ロックシーン、ポピュラー音楽シーンで唯一無二の実力と魅力を放ち続けるアーティスト、斉藤和義氏。精力的な制作活動、バンド、弾き語り双方のスタイルでのライヴツアー、映画やTV番組とのコラボレーションやプロデュース活動等、今や最も多忙を極めるトップアーティストです。ギブソンは2012年以来、斉藤和義氏デザインによる5機種のシグネチャーモデルをリリースしてきました。それぞれ、レス・ポール、ES-330、J-45、J-160E、J-35といったギブソンの歴史に冠たるステータスを持つモデル群と斉藤和義氏の持つアイデアが組合わさった結晶といえる逸品でした。どのモデルも販売スタートから瞬く間にファンやギタリスト達がこぞって手に入れることとなり、今では新品はおろかユーズド市場でも手にいれることができません。

中でもアジア初のギブソン・アコースティック・ギターのシグネチャー・モデルとして2013年に200本限定で登場したKazuyoshi Saito J-45は、本人所有の貴重な1968年製ヴィンテージJ-45(通称1号機)をベースに、同氏監修のもとマイクやネックシェイプに独自のアイディアを取り入れ、完売となった人気モデルの一つです。

そして今回、ファンからの熱い要望に応えて、その人気機種Kazuyoshi Saito J-45が、斉藤和義氏の新たなアイディアを盛り込んだ2020年バージョンとして完成しました。2020年1月、ギブソンは斉藤和義氏との10年以上に渡るコラボレーションに敬意を表し、シグネチャー・モデル第6弾となるKazuyoshi Saito J-45 ADJ 2020 Editionのリリースをお知らせいたします。

第6弾目となる本モデルは、斉藤和義氏所有のヴィンテージJ-45(通称1号機)の外観を踏襲しつつ、本人自らデザインに携わった拘りの仕様群を誇ります。2013年リリースのKazuyoshi Saito J-45から以下数点のアップグレードがなされた点が特徴的です。

特殊なエイジング処理が施されたサーマリー・エイジド・シトカ・スプルース・トップは、ヴィンテージ・ギターに通ずるサウンドの落ち着きと響きの明瞭さをもたらしています。LRバグズ・リリック・ピックアップはアコースティック感をそのままに自然な増幅を実現しています。ブラック・タスク・アジャスタブル・サドルにより、60年代後期モデル同様、プレイヤー自ら手軽に弦高調整することが可能となっています。(注: 2013年モデルではアジャスタブル機構を取り除いたノン・アジャスタブル・ブリッジ仕様) ネック・プロファイルは、Kazuyoshi Saito J-160E、Kazuyoshi Saito J-35と同様、60年代のデザインを彷彿させるSaito Profileを採用し、ナット幅はスタンダードな43.8mm幅でデザインされています。(注: 2013年モデルでは戦前ギブソンを彷彿させる45mmナット幅の極太ネックを採用)

ピックガード周りについては、前回2013年モデル同様、ヴィンテージ期のネジ止め・クリームピックガードの外観をベースに、ボディ・トップへの負担軽減を考慮しクリーム・ピックガード上にダミーネジのデザインが採用されています。ダミーネジのアイデアはギブソンが過去に試したことはなく斉藤和義氏本人自らによるものであり、些細な点にもかかわらずギターのトータルデザイン・外観に与える印象は決定的です。斉藤和義氏のギター愛、高い審美眼を示す一例といえます。

Kazuyoshi Saito J-45 ADJ 2020 Edition

 

斉藤和義氏の卓越したパフォーマンスとクールなルックスの両方に完璧に寄り添う、高い実力値を誇るシグネチャー・モデルとして仕上がっています。唯一無二のライヴアーティストと呼び声の高い同氏のライヴで、既に本器のプロトタイプをご覧いただいたファンも多いことでしょう。2020年1月末より200本のみの限定生産にて、国内を中心に一部海外のギブソンディーラーにおいて販売予定です。

斉藤和義氏のツアースケジュールやリリース作品については下記のリンクにてご確認ください。
official website:http://www.kazuyoshi-saito.com/disco/newrelease.html

 

ニュース一覧に戻る

ギブソンについて

ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE