Tamio Okuda J-45 J-ROCKシーンを牽引し続けるミュージシャン奥田民生が愛用する1945年製J-45をベースにしたTamio Okuda J-45が待望のリリース!

J-ROCKシーンを牽引し続けるミュージシャン奥田民生氏の最新シグネチャー・モデル『Tamio Okuda J-45』は、2014年にリリースされた『Tamio Okuda CF-100E』に続く、ギブソン・アコースティックからの同氏2本目のシグネチャー・モデルとなります。

これまで奥田氏の数々のライブやレコーディングでメイン機として名曲を奏でてきたJ-45をベースモデルとし、そのエッセンスとスピリットをそのままに、ギブソン・アコースティックの最高峰ラインアップであるカスタムショップ・ヒストリック・コレクションの最新仕様が取り入れられた2021年最新モデルとしてリリースされます。

『Tamio Okuda J-45』の1本1本全てがアメリカ モンタナ州ボーズマンの熟練のクラフツマンのハンドメイドにて製作されます。奥田民生氏監修の元、愛用する1945年製J-45のルックス、サウンド、プレイアビリティに至る徹底的な検証作業を経て、ギブソン・アコースティック・カスタムショップの最新の技術によって完成に至りました。

まず、ルックスで目を惹くのが、奥田民生氏のJ-45を彷彿とさせるヴィンテージの質感溢れる極薄ラッカー・フィニッシュの『ウォッシュト・ヴィンテージ・サンバースト』です。さらに、ヘッドストックには戦時期特有の“スクリプト&バナー”ロゴが採用され、サウンドホール周りの7層のパーフリング含め45年製J-45ならではの特徴を再現しています。

サウンド面においては、ボディトップにギブソン独自の「サーマリー・エイジド」と呼ばれる特殊加工を施したレッド・スプルース材の採用により、新品でありながら長年弾きこまれたヴィンテージギターを彷彿とさせる深みあるサウンドが秀悦です。極太のネック・プロファイルと相まって、より太く丸みを帯びたパワー感のあるローエンドを体感いただけます。

新作『Tamio Okuda J-45』の最大の特徴として、奥田民生氏が拘りを持つネック・プロファイルが挙げられます。
1942年に登場したJ-45には、ベースボールバットと形容される極太ネック・プロファイルが採用されており、奥田民生氏の1945年製J-45にも同様の特徴を持つネックが具わっています。新作『Tamio Okuda J-45』においても、その特徴的なネック・プロファイルは再現されています。ナット幅についてのみ、現代的な多様性ある演奏スタイルを考慮し、ギブソン・アコースティックの標準である43.8mmの寸法が採用されています。40年代にルーツを持つ丸みのあるファットなネックデザインでありながら、現代のギタリストのニーズに適う設計となっています。

全てのギターにはハードケース、奥田民生氏直筆サイン入り認定書も同梱され、2021年4月27日から120本のみの限定生産にてリリースされます。

Buying Options
Left/Right Handed:
Choose Finish:

Tamio Okuda J-45 Specifications

Body

Shape
J-45
Material
Mahogany
Back & Sides
Mahogany
Top
Thermally Aged Red Spruce
Binding
Single-ply Top, Single-ply Back

Neck

Neck
Mahogany
Profile
Historic Rounded U
Nut width
1.72”/43.8mm
Fingerboard
Indian Rosewood
Scale length
24.75"/628.65mm
Number of frets
19
Nut
Aged Bone
Inlay
Mother of Pearl Dots

Hardware

Bridge
Rectangle, Open Slot, Rosewood
Tuners
Grover Cream Button, Strap-style

Electronics

Case &SKUs

Case
Gibson Hardshell
SKU
AMRSTOVS

ギブソンは製品デザイン・クオリティ・快適な演奏性の実現に向け絶えず改善に努め、常に最良のマテリアルを製品に取り入れられるよう、製品の予告なき仕様変更を行うことがあります。