1952 J-185 Crossing Platforms, Crossing Genres

ギブソン全時代を通して最も伝説的なモデルのひとつに挙げられるJ-185。もともと、1951年にリリースされたモデルでした。SJ-200の意匠をそのままに僅かに縮小するようデザインされたJ-185は、シトカ・スプルース・トップ、サイド板とバック板にメイプル材というように、SJ-200と共通した仕様を擁していました。

この度カスタム・ヒストリック・コレクションからリリースされた1952 J-185は、サーマリー・エイジド・シトカ・スプルース・トップに加え、サイド板とバック板に豪奢なフレイム・メイプル材を擁しています。往年のJ-185の特徴のひとつであるアイコン的存在のマルタクロスのMOPインレイがオープン・スロット・ブリッジ上にあしらわれ、1952 J-185はレアモデルでありながらも世界中のアーティストやパフォーマー達を刺激して止まないモデルとなるでしょう。

Buying Options
Left/Right Handed:
Choose Finish:

1952 J-185 Specifications

Body

Body Shape
J-185
Top
Thermally Aged Sitka spruce
Back
Flame maple
Side
Flame maple
Bracing
Traditional Hand Scalloped X-bracing, with hide glue
Binding
Multi-ply top, multi-ply back
Finish
Thin Finish Nitrocellulose, VOS

Neck

Material
Mahogany
Profile
V
Scale Length
24.75" / 628.65mm
Fingerboard Material
Rosewood
Fingerboard Radius
12"
Number Of Frets
20
Frets
Standard
Nut Material
Bone
Nut Width
1.72" / 43.81mm
Inlays
Mother-of-pearl Parallelograms
Joint
Compound Dovetail Neck-to-body Joint

Hardware

Tuner Plating
Gold
Bridge
Belly up, holes at rear, open slot
Saddle Material
Bone
Tuning Machines
Gotoh Keystone
Pickguard
J-185
Truss Rod Cover
Black
Bridge Pins
Bone

Electronics

Under Saddle Pickup
None

Miscellaneous

Strings
0.053, 0.042, 0.032, 0.024, 0.016, 0.012
Accessories
Includes Gibson Accessory Kit