1939 J-55 Beauty and Brawn

J-55は、ギブソン・ラウンド・ショルダー・アコースティック・ギターの伝統を継承しつつリリースされました。J-55は、1930年代にギブソンから発売された4機種のジャンボ・モデルのうちのひとつでしたが、当初のリリース時から何十年も後になって益々、極めて珍重されるモデルとなっていきました。

カスタムショップ・ヒストリック・コレクションから登場する新製品、1939 J-55には、プレミアム・エボニー指板・ブリッジ、ロングスケール・ネック、サーマリー・エイジド・アディロンダック・レッド・スプルース・トップといった魅力ある仕様が凝縮されています。更にカスタムモデルとして際立つ仕様としては、マスターシュ・ブリッジ、ファイアーストライプ・ピックガード、そして幅広な1.77インチ(44.95ミリ)ナット幅などが挙げられます。

Buying Options
Left/Right Handed:
Choose Finish:

1939 J-55 Specifications

Body

Body Shape
Advanced Jumbo
Top
Thermally Aged Red spruce
Back
Mahogany
Side
Mahogany
Bracing
Traditional hand-scalloped Advanced X-bracing, red spruce braces with hide glue
Binding
Single-ply top, single-ply back
Finish
Thin Finish Nitrocellulose, VOS

Neck

Material
Mahogany
Profile
Luthiers Choice AJ
Scale Length
25.5" / 647.7mm
Fingerboard Material
Ebony
Fingerboard Radius
12"
Number Of Frets
19
Frets
Legend Wire
Nut Material
Bone
Nut Width
1.77" / 44.95mm
Inlays
Mother-of-pearl Dots
Joint
Compound Dovetail Neck-to-body

Hardware

Tuner Plating
Nickel
Bridge
Moustache, no inlay
Saddle Material
Bone
Tuning Machines
Open back cream button
Pickguard
Stair Step
Truss Rod Cover
Black
Bridge Pins
Bone

Electronics

Under Saddle Pickup
None

Miscellaneous

Strings
0.053, 0.042, 0.032, 0.024, 0.016, 0.012
Accessories
Includes Gibson Accessory Kit