1936 J-35 Historically celebrated Gibson Round Shoulder

1936年、J-35は、1934年にデビューしたジャンボ・モデルからの発展形として登場しました。1936年当時といえば、世界恐慌が未だアメリカ中に大混乱を引き起こしている最中でした。ギブソンは当時の世相に呼応し、装飾を省き仕様の簡素化を進めつつもミュージシャンにウォームで最高のトーンを提供するというコンセプトでJ-35を開発しました。

この度カスタムショップ・ヒストリック・コレクションから登場する1936 J-35は、最高の鳴りを誇るヴィンテージ・ギターとしてアイコン的ステータスにある往時のJ-35のもつルックス、フィーリング、サウンドの再現に迫っています。モンタナ州ボーズマンのマスター・ルシアー達はヴィンテージ感溢れる1936 J-35モデルの開発に尽力しました。必ずや、トップレベルの腕利きのフラットトップ・プレイヤー達にとって垂涎の的となることでしょう。ニカワで接着されたブレーシングを持つサーマリー・エイジド・アディロンダック・レッド・スプルース・トップ、1.77インチと幅広のナット幅、ブリッジ溝の両脇が開いているオープン・エクステンディッド・スロット、ボーンサドル、クリーム・ボタン・チューナー等、1936 J-35は充実の仕様の数々を誇ります。

Buying Options
Left/Right Handed:
Choose Finish:

1936 J-35 Specifications

Body

Body Shape
Advanced Jumbo
Top
Thermally Aged Red spruce
Back
Mahogany
Side
Mahogany
Bracing
Traditional hand-scalloped Advanced X-bracing, red spruce braces with hide glue
Binding
Multi-ply top, single-ply back
Finish
Thin Finish Nitrocellulose, VOS

Neck

Material
Mahogany
Profile
V
Scale Length
24.75" / 628.65mm
Fingerboard Material
Rosewood
Fingerboard Radius
12"
Number Of Frets
19
Frets
Standard
Nut Material
Bone
Nut Width
1.77" / 44.95mm
Inlays
Mother-of-pearl Dots
Joint
Compound Dovetail Neck-to-body

Hardware

Tuner Plating
Nickel
Bridge
Rectangle, open slot, historic spacing
Saddle Material
Bone
Tuning Machines
Strap cream button
Pickguard
AJ
Truss Rod Cover
Black
Bridge Pins
Bone

Electronics

Under Saddle Pickup
None

Miscellaneous

Strings
0.053, 0.042, 0.032, 0.024, 0.016, 0.012
Accessories
Includes Gibson Accessory Kit