エピフォンから、ロックバンド “ハート”の中心メンバー、ナンシー・ウィルソンのシグネチャーモデル『Nancy Wilson Fanatic』がリリース

2021.01.22 - ニュース

この度、ギブソン・ブランズのグループ・ブランドであるエピフォンから、4つのグラミー賞にノミネート、ロックの殿堂入りを果たした伝説のロック・グループ“ハート”の中心メンバーであるナンシー・ウィルソンのシグネチャーモデル『Nancy Wilson Fanatic』のリリースを発表いたします。

Fanaticは、”ハート“のナンシー・ウィルソンとテネシー州ナッシュヴィルにあるエピフォンのルシアー達が共同で開発、デザインされたもので、ウィルソンにとってはエピフォン初のシグネチャーギターになります。(ギブソン・ブランズとしては2013年にリリースされたGibson Nancy Wilson Nighthawkに次ぐ2本目)

ナンシー・ウィルソンは次のように述べます。
「80年代の半ば、ギブソンからシグネチャーモデルのデザインを依頼された時に、私はまずボディシェイプをデザインしようと、曲線的な女性の小柄なシルエットを描きました。それが何年も経った今、ボディシェイプは(当時私が描いたものと)変わらず、ハードウェアも私が希望したもので完成したこのFanaticは、ロックギターのファンに受け入れてもらえると思うわ。」

9歳の時からギターの名手として活躍していたナンシーと姉のアンは、3500万枚以上のアルバムを売り上げ、その内10枚のアルバムがトップ10入り、さらに4つのグラミー賞にノミネート、ロックの殿堂入りを果たした伝説のロック・グループ“ハート”の中心メンバーです。ナンシーは、独創的なギタリストとしてリスペクトされているだけでなく、才能あるソングライター、リードボーカルとしても知られています。ロックを演奏する女性が少なかった時代に、ナンシーは女性がロックバンドのフロントを務め、世界中のステージを席巻できる新たなシーンを切り開いたのです。実際、”ハート”の最初のNO1ヒット曲 "These Dreams "で歌っているのはナンシーです。ソングライターとして、ナンシーは「Magic Man」、「Crazy on You」、「Barracuda」、「Straight On」など、今も色あせないクラシック・ロックの数々の名曲を共同執筆しています。

2021年4月、ナンシーはキャリア初のソロアルバムをCarry On Musicからリリースします。ナンシーは、サミー・ヘイガー、ダフ・マッケイガン、テイラー・ホーキンス(フー・ファイターズ)とのコラボレーションを収録したニュー・アルバムの全曲でギターを弾き、歌っています。ファーストシングルの "The Rising "は、ブルース・スプリングスティーンの曲をナンシーが見事に歌い上げたものです。

最新Epiphone Nancy Wilson Fanaticについて語るナンシー・ウィルソンのインタビュー動画(英語)は、こちら

 

エピフォンとクレイマーのブランド・ディレクターであるクリスタ・ギルリーは次のように述べています。
「このたびNancy Wilson Fanaticを、世界に披露できることを嬉しく思います。これまで世界中の何世代ものプレイヤーに影響を与えてきたアイコンであるナンシーと一緒に仕事ができることはとても光栄です。彼女は女性ミュージシャンが自分の情熱と才能、そして音楽を信じる道を切り開いてくれましたが、それにはエピフォンの私たち全員が敬意を払います。」

Nancy Wilson Fanaticは、クラシックな(ナンシーのデザインした)Nighthawkシェイプのマホガニー・ボディとフィギアド・メイプルのトップが特徴です。さらに、ProBucker™ ハムバッカー、多彩な音色を選ぶことができる5ウェイ・ピックアップ・セレクター・スイッチ、マスター・ボリュームとトーン・コントロール、スムーズな演奏に適した丸みを帯びたCシェイプのマホガニー・ネック、エボニー指板、ファイヤーバースト・グロスフィニッシュなどアーティスト拘りの仕様となっております。(専用ハードケース付き)

【名称】 Epiphone Nancy Wilson Fanatic
【税抜希望小売価格】 74,000円
【発売開始予定時期】 発売中
【製品ページ】 Nancy Wilson Fanatic

 

【ナンシー・ウィルソンについて】

ナンシー・ウィルソンは、ロックンロールの歴史の中で、数々の偉業を成し遂げた重要なミュージシャンとして知られています。ナンシー(と姉のアン)は、マルチ・プラチナのロック・グループ、”ハート“の中心メンバーです。全世界で3500万枚ものアルバムの売り上げを記録した後、ナンシーとアンは、音楽に先駆的な貢献をしたソングライターに贈られる、ASCAPの最も名誉ある賞であるASCAPファウンダーズ賞(2009年)を受賞しました。ナンシーの音楽アイコンとしての地位は、”ハート“が2012年にロックの殿堂入りを果たしたことでさらに強固なものとなりました。さらに同年、彼女と姉はハリウッドのウォーク・オブ・フェイムの星が授けられました。2013年には、ウィルソン姉妹は、ケネディ・センター・オナーズでレッド・ツェッペリンの「天国への階段」を演奏し、キャリアの節目を迎えました。彼女たちの完璧なパフォーマンスは、コンサートホールで大喝采とスタンディングオベーションを浴び、レッド・ツェッペリンのメンバーは感動し涙を流しました。長年の映画ファンであるナンシーは、映画の言語に関して造詣が深く、映画の作曲家として成功したキャリアを築いてきました。直感的な音楽家であるナンシーは、映画製作チームの一員として長年の経験を持ち、映画のワンシーンに音楽で感情的な要素を付加するなど、ストーリーを進めるための重要な役割を担ってきました。ナンシーは、映画のスコアの仕事で多くの権威ある賞にノミネートされています。彼女の作曲クレジットには、キャメロン・クロウ監督の『Say Anything』(1989年)、『Jerry Maguire』(1995年)、『Almost Famous』(2000年)、『Vanilla Sky』(2001年)、『Elizabethtown』(2005年)などの映画のスコアが含まれています。ナンシー・ウィルソンは、2021年4月に「You And Me」というタイトルのデビュー・ソロ・アルバムをCarryOn Musicからリリースする予定です。

【エピフォンについて】

140年以上にわたり、エピフォンは「カジノ」「テキサン」「マスタービルト・センチュリー・アーチトップ・コレクション」などの革新的な楽器を生みだし楽器業界をリードしてきました。エピフォンは1870年代に古代ギリシャのスパルタの「ハウス・オブ・スタトポウロ」家業として始まり、NYマンハッタンのジャズ全盛時代に名声を博した後、1957年にギブソンのグループ・ブランドになりました。今日でも、エピフォンはテネシー州ナッシュヴィルの本社から歴史的名器を作り続けています。エピフォンはレス・ポール、ビートルズ、ローリング・ストーンズ等の往年のレジェンド達から、ピーター・フランプトン、ゲイリー・クラーク・ジュニア、KISSのトミー・セイヤー、リジー・ヘイルのような今日のトップアーティストに至るまで、その名盤には欠かせないギターサウンドでした。エピフォンはその革新性、歴史を継承した確かな技術と、高いクオリティを提供しています。エピフォンのギターは、部屋でギターを練習している時から、アリーナで演奏する時に至るまで常にそこにあり、ビギナーから上級者まで全てのレベル、全ての世代、全てのステージ(演奏場面)に適したギターです。

ニュース一覧に戻る

ギブソンについて

ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE