JOE BONAMASSA LES PAUL CUSTOM “BLACK BEAUTY”が エピフォンより世界同時リリース!

2020.10.09 - 製品記事

Joe Bonamassa with his new Epiphone Les Paul Custom “Black Beauty”

NASHVILLE, TN (October 8, 2020) お求め安い価格設定でプロ御用達のギターを製造するリーディングブランド、エピフォン。ギブソン・ブランズのグループ・ブランドであるエピフォンは、この度、世界同時発売として、Joe Bonamassa Les Paul Custom “Black Beauty”のリリースを発表いたします。当代随一のブルース・ギタリスト、ジョー・ボナマッサの8番目のシグネチャー・モデル開発のため、ジョー・ボナマッサとエピフォンのルシアー達は2年間に及ぶ共同作業を行い、彼の最も評価の高いギターのひとつである1958年製ギブソン・レスポール・カスタム "ブラック・ビューティー "をベースに、本モデルを完成させました。Epiphone Joe Bonamassa Les Paul Custom “Black Beauty”は全世界のギブソン正規販売店でお買い求めいただけます。

このギターのベースとなった”ブラック・ビューティー “の愛称で広く知られる1958年製のブラック・カラーのGibson™ Les Paul™ Customは、エレクトリックギター史の中でもレアで珍重されているギターのひとつです。

今回のシグネチャー・モデルでは50年代ネック・プロファイルを採用しており、ウェイト・リリーフ(重量軽減措置)を施していないマホガニー・ボディ、ユニークなヴィンテージスタイルのチューナー、Orange Drop®コンデンサー、CTS®ポット、2基のEpiphone ProBucker™ 2と1基のProBucker™ 3というピックアップ構成、Switchcraft®製アウトプット・ジャックなど、充実の仕様が採用されています。また、ゴールド・ハードウェアとイエロー・ゴールドの贅沢なインナー・ライニングが施されたクラシックなブラック・ハードシェルケースが付属されています。

ジョー・ボナマッサとエピフォンのルシアー達は、テネシー州ナッシュヴィルのエピフォン本社にて固い結束のもと、世界中の音楽ファンのためにお手頃な価格で購入できる本格的なギター製作に尽力してまいりました。

ジョー・ボナマッサは以下のようにコメントしています。

“私の新しいエピフォンのシグネチャー・モデルは、お気に入りの1958年製のギブソン・レスポール・カスタムをベースにしました。ハスキーでありながらクリアなトーン、そしてリード・ピックアップのパワフルなトーンは唯一無比。まさに使えるトーンさ。私はこのギターにすっかり惚れこんでしまったよ。素晴らしいブラック・ビューティーだし、あとは夢中になって弾くだけだよ。エピフォンは私のブラック・ビューティーを見事に再現してくれて、このギターを皆とシェアできることは大きな喜びだね”

モデル名:Epiphone Joe Bonamassa Les Paul Custom “Black Beauty
メーカー希望小売価格:113,000円(税別)
仕様詳細について製品ページはコチラでご確認いただけます。

 

Epiphone Joe Bonamassa Les Paul Custom “Black Beauty”

 

以下の動画では、Gibson TVで収録されたジョー・ボナマッサのギターコレクションがご覧いただけます。

Joe Bonamassa-

グラミー賞に2度ノミネートされた経験をもつジョー・ボナマッサは、当代で最も才能ある著名な ギタリストのひとりです。彼は新しいソロ・スタジオアルバム「Royal Tea」をJ&R Adventuresから10月23日にリリースします。彼のヒーローであるJeff Beck、John Mayall & The Bluesbreakers、Eric Clapton、Led Zeppelin、Creamにインスパイアされ、Royal Teaは伝説的なAbbey Road Studiosで作曲とレコーディングが行われました。10曲のオリジナル・トラックは、Bonamassaと元WhitesnakeのギタリストBernie Marsden、元Creamの作詞家Pete Brown、国宝と称されるピアノマンJools Hollandを含む地元の著名ミュージシャンによって共同制作されました。レコーディング・セッションには、Bonamassaの長年のプロデューサーKevin Shirleyと常連のツアー・バンドも結集し、Anton Fig (ドラムス)、Michael Rhodes (ベース)、Reese Wynans (キーボード)が参加しました。Joe Bonamassaのニューシングル "Royal Tea"はコチラで視聴いただけます。

About Joe Bonamassa:

ジョー・ボナマッサは、プロフェッショナルなミュージシャンとして30年以上のキャリアを誇り、これからも引き続き多様な創作活動に熱く邁進し、正統かつ革新的で魂のこもった作品群の数々を積み上げることでしょう。ボナマッサのキャリアは、まだ12歳の頃の1989年、B.B. Kingの前座を務めたことによりスタートしました。今日、ジョーは世界中で当世における最も偉大なギタリストのひとりとして聴衆に支持されており、絶え間なく進化し続けるシンガーソングライターです。自身のレーベルであるJ&R Adventuresより今日までにライヴ盤・スタジオ盤を合わせ40枚以上のアルバムをリリースしてきました。ジョーは、ブルーズミュージックの遺産を次世代へ向け奨励し、音楽の奨学金に資金提供し、学校での音楽教育機会の消失を補うために、Keeping The Blues Alive Foundationという非営利団体を設立し監督しています。直近では、ジョーはグラミー候補として2回目のノミネートを受け、ビルボード・ブルーズ・アルバム・チャートでは、20周年記念アルバムである“NEW DAY NOW” で23回目のナンバーワンに輝きました。最新のスケジュールについては、jbonamassa.comでご確認ください。

About Epiphone:

過去140年間以上もの間、エピフォンは楽器製造・デザインにおけるトップクラスの革新的存在であり続けています。今までに、カジノ、テキサン、マスタービルト・センチュリー・アーチトップ・コレクションといった輝かしいモデル群を開発してきました。エピフォンの起源は、1870年代にスパルタの地で、"House of Stathopoulo" (スタトポウロの家系)によるファミリー・ビジネスとしてスタートしたことに遡ります。1957年にギブソン・ブランズに吸収される以前、マンハッタンにおける狂騒のジャズ期に広く知られるブランドに成長していました。今日、エピフォンは、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、歴史的な偉業を為すべく邁進しています。エピフォンのギターは今まで、Les Paul、The Beatles、そしてThe Rolling Stonesによる決定的なレコーディングに多大なる貢献をしてきました。今日でも変わらず、Peter Frampton、Gary Clark Jr、キッスのTommy Thayer、そしてLzzy Haleといったトップアーティストのレコーディングでエピフォンギターは重用されています。エピフォンは革新性、歴史、そして生涯保証を提供しています。以下はエピフォンの掲げるスローガンです。"我々はデザイナーです。プレイヤーでもあります。また、独立独行のブランドでもあります。そして、成すことすべてに情熱的であり続けます"

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE