エピフォン初“斉藤和義”シグネチャー・モデル「Epiphone Kazuyoshi Saito J‐45 Outfit」がリリース

2020.04.01 - 製品記事

 

ギブソン・ブランズはこのたび、エピフォンから斉藤和義氏の初シグネチャー・モデルとなる『Epiphone Kazuyoshi Saito J‐45 Outfit』のリリースを発表いたします。

新作『Epiphone Kazuyoshi Saito J‐45 Outfit』は、ギブソンからこれまで 6 本ものシグネチャー・モデルをリリースしている斉藤和義氏にとって、エピフォン初のシグネチャー・モデルとなります。斉藤和義氏のトレードマークでエボニー・カラーの J‐45 シグネチャー・モデルをベースに、ルックス、サウンド、プレイアビリティに至るまで、同氏監修のもと製作されました。既存のプレイヤーだけではなく、これからギターを始めようと思っているビギナー含め、より多くの方にギターを楽しんで欲しいという思いを込め、お求めやすい価格帯を実現しました。

 


※ 動画内の製品はプロトタイプのため、実際の製品と一部仕様が異なります。

 

Epiphone Kazuyoshi Saito J-45 Outfit メーカー希望小売価格 79,000円(税別)

 

仕様詳細は下記リンクにてご確認ください。

Epiphone Kazuyoshi Saito J‐45 Outfit製品詳細ページ

ボディ・トップには単板スプルース、サイド&バックにはマホガニーが使用され、エボニー・フィニッシュとクリーム色のピックガードのカラーマッチは、まさに斉藤和義氏のアイコニックな J45 を再現しています。さらに、トラスロッド・カバーには「Kazuyoshi Saito」の名前が刻まれ、クリーム色の Wilkinson™ 「Deluxe」ペグとエピフォン・カラマズー・ヘッドで、さらにヴィンテージライクなルックスとなっています。

特に注力されたサウンド面では、ピックアップにアンダーサドルの Fishman™「Sonicore」が搭載され、ギター自体の美しいナチュラル・サウンドを、ライブを始めあらゆるシーンで再現することが可能です。ネックはラウンド C シェイプを採用し、プレイアビリティに優れたビギナーにもおすすめの仕様となっています。 全てのギターには「KS」イニシャル・ロゴがプリントされた専用ハードケース、斉藤和義氏のアーティスト写真と直筆サインがプリントされた認定書も同梱され、5月末から6月初旬頃より全国のギブソン正規販売店にて販売開始予定です。

ギブソン正規販売店:

 

下記リンクは、本モデルの前身となったGibson Kazuyoshi Saito J-45 ADJ 2020 Editionの特集記事となります。
https://gibson.jp/news-events/10445

 

【斉藤和義 BIO】
http://www.kazuyoshi‐saito.com/
1993 年 8 月 25 日にシングル『僕の見たビートルズは TV の中』でデビュー。翌年にリリースされた『歩いて帰ろう』で一気に注目を集める。代表曲である『歌うたいのバラッド』『ウエディング・ソング』『ずっと好きだった』『やさしくなりたい』は様々なアーティストやファンに愛される楽曲となっている。自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。また自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行っている。2011 年には稀代のドラマー、中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYS の活動もスタート。これまでに 3 枚のオリジナルアルバムを発表している。 2020 年 1 月 29 日に 20 枚目オリジナルアルバム「202020」をリリース。

ニュース一覧に戻る

ギブソンについて

ギターブランドとして世界でアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、創業から120年以上にわたり、ジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家のサウンドを形作ってきました。1894年に設立され、テネシー州ナッシュヴィルに本社を置き、モンタナ州ボーズマンにアコースティックギターの工場を持つギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的な音楽パートナーシップ、楽器業界の中でもこれまで他の追随を許さない先進的な製品を生み出してきました。ギブソン・ブランズのポートフォリオには、ナンバーワンギターブランドであるギブソンをはじめ、エピフォン、クレイマー、スタインバーガー、ギブソン・プロオーディオのKRK システムなど、最も愛され、有名な音楽ブランドの多くが含まれています。ギブソン・ブランズは、何世代にもわたって音楽愛好家がギブソン・ブランズによって形作られた音楽を体験し続けることができるように、品質、革新、卓越したサウンドを実現していきます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE