Nothing’s Carved In Stone のギタリスト生形真一氏のエピフォン初となるシグネチャーモデルがリリース :『Epiphone Shinichi Ubukata ES‐355 Outfit』

Gibson Japan | 2020.01.27 - 製品記事

ギブソン・ブランズはこのたび、Nothing’s Carved In Stone のギタリスト生形真一氏のエピフォン初となるシグネチャーモデル『Epiphone Shinichi Ubukata ES‐355 Outfit』のリリースを発表いたします。生形真一氏の長きにわたるメイン・ギターであるGibson ES‐355 Bigsby をベースに、エピフォンでは初となるシグネチャーモデルが完成しました。

生形氏のギブソン・シグネチャーモデルのスペックを踏襲したエボニー・カラーのボディに、ダイアモンド・シェイプのF ホール、B7 タイプのビグスビー・テイルピース、ニッケルに統一されたハードウェア等、本人のこだわりの詰まったスペックになっています。サウンド面では、PU に 57 クラシックが採用され、モノラル・バリトンスイッチとのコンビネーションによる多彩なサウンドメイキングが可能となっています。さらに、ファットな握り心地の 1959 タイプの C シェイプ・ネックグリップを採用し、唯一無二のロック・サウンドを生み出します。製品には認定書とハードケースに加え、今回特別にアパレル・ブランド RUDE GALLERY とコラボしたスペシャル・ポーチが付属となります。

生形氏は今回のリリースに関してこうコメントしています。 『俺のこだわりを詰め込んだギターです。ぜひ手に取って、弾いてみてください』

Ltd Ed Shinichi Ubukata ES‐355 Custom Outfit

【出荷開始予定時期】 2020年2月中旬予定

 

Epiphone Shinichi Ubukata ES 355 Outfit, Ebony 製品詳細ページ

購入特典(同梱予定) Shinichi Ubukata x Epiphone x Rude Gallery 限定スペシャル・ポーチ

下記リンクは、本モデルの前身となったGibson Shinichi Ubukata ES-355 Vintage Ebony VOSに関する特集記事となります。

未来志向の発想により、次世代につながる音楽と楽器 生形真一氏とES-355

 

【生形真一 プロフィール】
https://www.ncis.jp/
1998 年に ELLEGARDEN のギタリストとして活動をスタート。2008 年の ELLEGARDEN 活動休止(※2018 年に活動再開)をきっかけに Nothing’s Carved In Stone を結成。これまでに 10 枚のアルバムをリリース。2018 年 10月には日本武道館公演を敢行し、SOLD OUT。2019 年には Nothing’s Carved In Stone で自主レーベル”Silver Sun Records”を設立し活動中。2017 年には Gibson よりシグネチャーモデル”Shinichi Ubukata ES‐355 Vintage Ebony VOS”をリリースしている。

ニュース一覧に戻る

ABOUT GIBSON

ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。

For more information on GIBSON, visit:

WEBSITE | TWITTER | INSTAGRAM | FACEBOOK | YOUTUBE